テーマ:大河ドラマ

大河ドラマ「平清盛」 第1回

今年の大河ドラマは平清盛。 平家は壇之浦の合戦において源氏に敗れて滅亡してしまった。 平家一門が女子供までもが海に身を投じたと北条政子(杏)が報告すると、源氏方は歓声を上げていた。 その中で源頼朝は敵方の平清盛の偉大さを改めて思い知らされた。(公式ページのあらすじから) 白河法王(伊東四朗)と白拍子だった舞子(吹…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第四回

京に信長に馬揃えに招待される江ら。 第四回 伊勢上野城に信長(豊川悦司)より、馬揃えを京で行うという知らせが届いた。 その手紙を読んだ信包(小林隆)によると、市(鈴木保奈美)と茶々(宮沢りえ)・初(水川あさみ)・江(上野樹里)の三姉妹を招くと書かれていた。 一方、信長は馬揃えの大役を明智光秀(市村正親)に与えた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第二回

近江の小谷城から離れ・・・。 第二回 「父の仇(かたき)」 北近江の小谷城主だった浅井長政が自刃し、妻だった市(鈴木保奈美)とその3人の娘は遠く離れた地にて生活することになった。 織田信長(豊川悦司)の弟織田信包(小林隆)が城主を務める伊勢上野城に身を寄せている。 3人の娘から見れば、信包は叔父にあたる。 江(上野…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第一回

今年の大河ドラマが始まりました。 今回で50作目なんですね。 第一回「湖国の姫」 織田信長(豊川悦司)の妹市(鈴木保奈美)には3人の娘がいた。 長女の茶々(宮沢りえ)、次女初(水川あさみ)、そして三女江(上野樹里)である。 市は織田・浅井両家の結び付けを深める目的により、浅井長政(時任三郎)の妻となっていた。 し…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」最終回

今日が最終回。 最終回は「龍の魂」でした。 龍馬伝は、近江屋に滞在していた坂本龍馬と中岡慎太郎が何者かに殺されてしまうところで終了しました。 暗殺者の一人として演じているのは市川亀治郎氏で、大政奉還によって武士の身分が奪われ、龍馬を恨んでいる侍として出てきます。 龍馬が書き各藩に送った新政府要領八策に書かれてある「○…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ 龍馬伝 第17回

咸臨丸に乗った龍馬。 第17回「怪物、容堂」 坂本龍馬(福山雅治)は勝麟太郎(武田鉄矢)の弟子となった。 また、ジョン万次郎(トータス松本)からアメリカ大統領は平民からでもなれる話を聞いた。 勝は幕府の海軍塾を開くことに決めていた。 勝に誘われた龍馬は江戸で世話になっていた千葉道場で別れの挨拶をすることに。 …
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ 龍馬伝 第16回

坂本龍馬が勝麟太郎に面会を果たす。 第16回 「勝麟太郎」 坂本龍馬(福山雅治)は江戸の千葉道場を訪れた。 彼が戻ってくるのは4年ぶりとのことで、定吉(里見浩太朗)の娘佐那(貫地谷しほり)は動揺を隠せなかった。 更に兄の重太郎(渡辺いっけい)の言葉もあり、意識せざるを得なかった。 しかし、龍馬の目的は幕府の重臣であ…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」第13回

吉田東洋に足蹴にされた武市半平太は龍馬に・・・。 第13回 「さらば土佐よ」 武市半平太(大森南朋)は、土佐藩参政吉田東洋(田中泯)に願い入れをした際、足蹴にされる醜態をさらしてしまった。 足蹴にされた苦しみから逃れるため、見舞いに訪れた坂本龍馬(福山雅治)に殺せと命じた。 同じ頃、吉田東洋についている後藤象二郎(青…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」 第11回

上士と下士との間に対立が起こり。 第11回 土佐沸騰 下士が上士に斬りかかり、殺されるといったことが起こる。 それを聞いた下士の池田虎之進が上士二人を斬る事件が発生(仇討ち)。 そのことが発端となり、上士と下士との間に緊張が走り対立を生んでしまう。 武市道場で下士が集まっている事を聞かされた武市半平太と平井が向かう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」第10回

江戸から土佐へ帰った龍馬。 第10回「引き裂かれた愛」 江戸の千葉道場で修行をしていた坂本龍馬(福山雅治)。 道場主の定吉(里見浩太朗)から目録を受け取り、江戸から故郷の土佐へ戻ることになった。 定吉の娘佐那(貫地谷しほり)は龍馬に対して気持ちを打ち明けるが、土佐には大切なものがいると明かす。 大切なものとは平井収…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

龍馬伝 第6話

千葉道場を出てしまった龍馬。 江戸の土佐藩の屋敷に千葉道場の娘で、鬼小町とも呼ばれる千葉佐那(貫地谷しほり)が訪れた。 坂本龍馬(福山雅治)がを探してきたのだ。 応対した溝渕広之承(ピエール瀧)は一旦恐れをなしたが、なぜ龍馬に会いに来たのかと疑問に感じた。 龍馬は屋敷に戻ると、溝渕が来客が来ていると話した。 早速龍馬は…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」 第5回

浦賀に黒船が来航してきた。 アメリカの艦隊が日本にやってきて、大統領の親書を受け取ってほしいと幕府に迫った。 老中首座の阿部正弘らは対応に苦慮する。 幕府とアメリカ側の会談が行われ、まずは長崎へ行くようにと幕府側は話す。 しかし、強硬な姿勢を見せ親書を受け取ることになった。 土佐藩士の坂本龍馬(福山雅治)と溝渕広之…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」第3回

どうしても土佐から出たがっていた弥太郎は。 第3回 「偽手形の旅」 坂本龍馬(福山雅治)は、土佐藩から許しを得て江戸で剣の師範に師事できることになった。 江戸への道案内は、溝渕広之丞(ピエール瀧)が行うことに。 龍馬は、平井加尾(広末涼子)に江戸へ行くことを告げた。 二人で旅を行うのだが、途中から岩崎弥太郎(香…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」第2回

龍馬の江戸行きはねがうが・・・。 第2回 「大器晩成?」 大河ドラマのサブタイトルで「?」が付くのは、初めてではないでしょうか? まあ、オープニングも今までにないものですし。 坂本龍馬(福山雅治)は土佐以外の世の中が見たいくなり江戸へ行きたい、父(児玉清)や兄(杉本哲太)に申し出るが断…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「龍馬伝」第1回

岩崎が見た龍馬像とは。 龍馬伝は、土佐出身で明治時代に実業家として名を馳せた岩崎弥太郎が、新聞記者から同郷の坂本龍馬について聞かれ、彼の生い立ちを語る話しです。 「伝」とついているのはそういった理由だからなんですね。 岩崎弥太郎役は香川照之で、先週の同じ時間には明治の有名な俳人を演じておりました。 ナレーションをされる方はい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 最終回

「天地人」は最終回を迎えました。 今回は例年より一ヶ月早く終了しましたね。 最終回「愛を掲げよ」はBS hiで視聴しまして、直江兼続とお船が寄り添うシーンで終わりました。 そのとき、兼続は眠るように息を引き取って亡くなったようです。 妻夫木聡さんに白髭はちょっと難ありかなと思いました。 「天地人」を見た感想として、戦乱…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」 第十五回

御館の乱は景勝優勢となり・・・。 第15回 「御館落城」 武田と手を結んだ上杉。 景虎(玉山鉄二)の加勢のために兵を出していた北条を越後から追い出して、景勝(北村一輝)方が有利となっていった。 御館に居を構えている景虎方の兵は次々と逃げ出し、日増しに不利になっていく。 そんな中、景勝は景虎に対し仙桃院(高島礼子)と華姫…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第十四回

武田との和睦は成立するのか。 第14回 『黄金の盟約』 高坂弾正昌信(大出俊)と面会した樋口兼続(妻夫木聡)ら。 上杉が持っていた信濃の北と上野を武田に譲る事を提案し、両軍は和睦するかに見えた。 しかし、武田勝頼(市川笑也)は更に越後へ進軍してしまう。 高坂弾正はすでに亡くなっており、和睦が進展していなかったのだ。 …
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第十二回

家督争いが長期化し、本丸をおさえていた景勝方の兵糧は尽きかけ・・・。 第12回 『命がけの使者』 兵糧を探す道を樋口兼続(妻夫木聡)らは探すが、景虎(玉山鉄二)の軍勢によって道がどこも塞がれていた。 また、直江津の湊も押さえられ景勝(北村一輝)らの武将は身動きできないでいた。 景虎のもとに、北条からの手紙が届いていた…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」 第十一回

本丸を占拠した景勝。 一方の景虎は怒りが抑えられず、兼続に刀を向ける。 第11回「御館の乱」 樋口兼続(妻夫木聡)は景虎(玉山鉄二)に対し、景勝(北村一輝)に従うよう願い出た。 景虎はその言葉を聞き入れず腕を斬りつけてしまった。 景勝ではなく兼続が起こした事であり、景虎方にも本丸を手に入れる動きがあったと釈明。 もう…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」 第十話

謙信の後は誰が継ぐのか。 第10話「二人の養子」 上杉景勝(北村一輝)が家督を継ぐことを信じることができない柿崎晴家(角田信朗)は、景勝の夜討ちを仕掛ける。 孤軍奮闘するも、上田衆をはじめとする景勝の家臣らによって逆に討ち取られてしまう。 先の一件で景虎(玉山鉄二)は仙桃院(高島礼子)や景勝に対し、柿崎が仕掛けたことに指…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」 第九回

謙信が倒れてしまい・・・。。 第9回 「謙信死す」 関東出兵を目前にして、春日山城で琵琶を弾いていた上杉謙信(阿部寛)が病にかかり倒れてしまう。 姉の仙桃院(高島礼子)をはじめ、養子である景勝(北村一輝)と景虎(玉山鉄二)も看病する。 春日山城内では、景勝と景虎のどちらかが家督を継ぐのにふさわしいのかについて家臣らと…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第八回

兼継は蟄居を解かれることに。 第8回「謙信の遺言」 ようやく七尾城を攻め落とすことができた越後の上杉軍は、更に加賀まで兵を進めた。 手取川で対峙することになり、景虎(玉山鉄二)と景勝(北村一輝)ら家臣たちは挙兵を進言する。 しかし、敵方は織田信長(吉川晃司)の重臣柴田勝家(菅田俊)で、武器は鉄砲を主に使用していたことから…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第七回

戦の地から離れ、兼続は上田庄へ戻る。 第7回「母の願い」 樋口兼続(与六、妻夫木聡)は上杉景虎(玉山鉄二)方の家臣と諍いを起こしてしまい、上杉謙信(阿部寛)から雲洞庵への蟄居を命じられた。 初陣を果たしたはずが、景勝(北村一輝)の側を離れなければならなくなってつらい心境。 そこへ、弟である与七(小泉幸太郎)が母のお藤(田…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第五回

兼継は信長と初めて対面する。 第5回 「信長は鬼か」 樋口兼続(妻夫木聡)は上杉家の使者の一行に加わって、海路で岐阜城へ向かった。 信長をこの目で見たいと思う兼続に対し、初音(長澤まさみ)は「気難しい方だ」と前もって忠告。 船で三国湊まで行き、一行は陸路で岐阜城に着いた。 上杉家使者の一行は、岐阜城で織田信長(…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第四回&『越後上越 天地人博』に行ってみた

今回も兼続は活躍します。   第四回 「年上の女(ひと)」 越中で起こっていた一揆を無事に鎮め、出陣から2ヶ月後に上杉軍は春日山城へ戻ってきた。 景勝(北村一輝)の館では、上田衆をはじめとした家臣たちと祝いの宴が催されていた。 初陣が果たせなかった樋口兼続(妻夫木聡)は、直江景綱(宍戸開)からの祝いの酒を景勝の家臣た…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第三回&南魚沼市の『愛・天地人博』に行ってきた

舞台は、上田庄から春日山城へ。 第三回 「殿の初恋」 先週の「泣き虫、与六」は、終了10分前をワンセグで見ました。 ビデオに録画してあるのですが、全く見ていません。 雪が降る夜、喜平次が与六をおぶったシーンには泣けましたね。 それ以来、与六は主人の側を離れることがなくなったそうです。 与六役の加藤清史郎くんの演技はう…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「天地人」第一回

今年は、越後を舞台にした大河ドラマ。 新潟市出身の火坂雅志氏原作の「天地人」が、遂に始まりました。 6時からBS hiで40分くらい見てました。 最初は坂戸城(上田庄、今の南魚沼市)からではないかと思ってましたが、いきなり大坂城で笹野高志演じる豊臣秀吉と小栗旬演じる石田三成が登場しているではありませんか。 しかも、主…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「篤姫」 第5話

於一に縁談が持ち込まれる噂が。 第5回 「日本一の男」 今和泉島津家の於一(宮崎あおい)のもとに、日本外史が届きます。 送ったのは、島津斉彬(高橋英樹)です。 謁見した際、史書を好んでいるという話を聞いた薩摩藩主が興味を示したからだそう。 忠剛(長塚京三)に、「これからはおっしゃらないでくださいね。女だてらに史書を好む…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ 「篤姫」 第4回

新たな藩主がお国入れして。 第4回 「名君怒る」 島津斉彬(高橋英樹)が、薩摩藩の鶴松城へ入った。 先代藩主だった斉興に関わっていた家臣らは処分されるのかと思いきや、そのような話しは触れられませんでした。 斉彬がまず行ったのは、倉庫にあった米を町に流して価格を下げること。 見事にうまくいき、庶民の生活が改善されていきま…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more