日曜劇場「華麗なる一族」 第七話

阪神特殊鋼の高炉建設はうまくいくのか?

華麗なる一族「悲劇の高炉爆発」

阪神銀行頭取万俵大介(北大路欣也)は、帝国製鉄と組んで阪神特殊鋼の高炉建設阻止について話し合う。
突貫工事の人数は7割しか集まらないようにするようだ。
帝国製鉄の新工場へ人員を引き抜こうとすると打診。
長男鉄平(木村拓哉)の倒産後の処遇についても。


弟の銀平(山本耕史)が阪神特殊鋼にやってくる。
鉄平と社員食堂で食事。
銀平も応援しているとのこと。

すると、人足頭(六平直政)がやってきて鉄平と勝負。
いつものように、若のおごりになった。


高須相子(鈴木京香)にせがまれて二子(相武紗季)は、佐橋総理の息子佐橋和也とお見合いすることに。
大同銀行との合併のための閨閥づくりがうまくいくのかどうか。


大同銀行を飲み込もうと、大介と大亀専務(武田鉄矢)は綿貫専務(笑福亭鶴瓶)と何度も話を交わす。
大同銀行の人事が日銀派ばかりになってきたことを利用して、色々と都合をつけて話をつける。

阪神特殊鋼の高炉がまもなく完成するとの報道を聞きつけて、綿貫専務は怒り出す。
銀平は「父さんの負けですね」とこぼす。


万俵家では、寧子(原田美枝子)が鉄平らに祝いの食事を用意する。
万樹子(山田優)が酒に酔っている。
すると、倒れる。
妊娠した事実を銀平から伏せるように言われたこと、また流産したことを隠していたことを大介らに話す。
すると、大介は銀平に『大切な万俵家の跡取りを。私は銀平の子がほしかったんだぞ』と言ってきます。
銀平は、『大切にした方が良いのは、鉄平兄さんの方じゃないですか』と言い返す。

大介と父敬介との間には、何かあったようですね。
大介の妻寧子に何をしたのかが、鍵を握っているようです。


鉄平と早苗(長谷川京子)が庭にて話す。
部屋に戻ろうとした瞬間、鉄平は神戸港から爆発音がするのが聞こえた。
熱風炉から火災が発生したようだ。


高台から爆発する様を眺める大介と銀平。
弟銀平は頭を抱えて喚きだし、大介は全く逆で「天は味方した」と呟いた。


鉄平はすぐさま阪神特殊鋼の現場へ向かう。
そこには荒武玄の姿があった。
鉄平に対し「若、こんなんで高炉建設の夢は諦めたらあかんで」と言い残して、作業員(仲間)を助ける。

爆発事故は収まり、兵庫県警は阪神特殊鋼に対して一ヶ月の工事停止処分とした。
荒武玄が亡くなり、数々の負傷者を出してしまった。


鶴田芙佐子(稲森いずみ)に入院中の母が真実を告白する。
養子としてもらったのではなく、実の親子だったこと。
しかも父親が万俵敬介だということを明かす。


高炉建設が計画通りにいかなくなって阪神特殊鋼の株価が急落。
大介の思惑通りに事が運ぶ。
大同銀行の綿貫専務から極秘資料を受け取る。
新銀行副頭取の確保と引き替えに・・・。


鶴田芙佐子が鉄平の家を訪れる。
料亭「つる乃屋」の女将鶴田志乃(多岐川裕美)が亡くなったことを報告しに来たのだ。

芙佐子は鉄平に手紙を渡す。
そこには芙佐子の出生の真実が書かれ、鉄平の実の父親のことまで書かれていた。
それを読んだ鉄平は、驚く。




やはり、鉄平の父は大介ではなかったのですね。
何となくそう思ってましたが・・・。

Powerd By WebToJpeg

TBS 日曜劇場「華麗なる一族」

Powerd By WebToJpeg

Yahoo!テレビ - ドラマ特集 - 華麗なる一族 -






テクノラティのタグ


ウィキペディア
華麗なる一族 - Wikipedia
華麗なる一族 (テレビドラマ 1974年) - Wikipedia
華麗なる一族 (テレビドラマ 2007年) - Wikipedia
太陽神戸銀行 - Wikipedia
山陽特殊製鋼 - Wikipedia
山陽特殊製鋼倒産事件 - Wikipedia


華麗なる一族〈下〉

"日曜劇場「華麗なる一族」 第七話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント