大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第一回

今年の大河ドラマが始まりました。
今回で50作目なんですね。

第一回「湖国の姫」

織田信長(豊川悦司)の妹市(鈴木保奈美)には3人の娘がいた。
長女の茶々(宮沢りえ)、次女初(水川あさみ)、そして三女江(上野樹里)である。

市は織田・浅井両家の結び付けを深める目的により、浅井長政(時任三郎)の妻となっていた。
しかし、裏切られた信長によって浅井氏は滅亡された過去がある。
江は父が長政であることは知らずに育っていった・・・。


1568年(永禄11年)市は織田信長の命により、北近江の浅井家に嫁ぐよう命じられる。
その相手は、浅井長政だった。

長政の父浅井久政(寺田農)は、信長の目的は浅井を攻め滅ぼすのみであると思い、隠居の身であるが納得できない表情を示した。
ならば、信長の妹は鬼や蛇果てまたおろちなのかどうかを確かめると長政はいう。

市を送り出すのは木下藤吉郎(岸谷五朗)や柴田勝家(大地康雄)などがつとめた。
藤吉郎は市のことを好いていたせいか、嫁いで行くのが残念でならなかった。
市が織田家から浅井家に引き渡されるやいなや、長政は到着次第その顔を見た。
長政は何故信長に興味を抱くのかについて問うと、その強さに惹かれていると長政は答えた。
そして、二人は結ばれることになり、両家の関係は安泰になった。

浅井家に信長が来ることになったが、久政はいつもの通りいい顔をはせず、上洛のみが目的であろうと思っていた。
長政は、ついに兄にあたる信長に謁見することができるとあって期待していた。

信長は市と久しぶりの対面を果たす。
また、長政も初めて兄との対面だった。

浅井家にやってきたのは信長の軍勢以外にもおり、将軍になる前の足利義昭(和泉元彌)がいた。
その義昭と信長を結びつけたのは明智光秀(市村正親)だ。
義昭は京から逃げ落ち朝倉氏の保護を受けていた。
何度も京へ行きたがっていたようだが、朝倉義景は一切腰を上げなかったようだ。
義昭は織田軍と浅井軍の元で上洛を果たし、15代将軍となった。

二人の間に、茶々と初が生まれた浅井家。
そんな幸せな状況がいつまでも続かなかった。

義昭が将軍職に就くと信長の態度は急変。
副将軍に任ずる事を拒み、さらに領国の支配を認めるといった話も受けなかった。
そのことが義昭の不興を買い、信長討伐へ舵を切るのであった。

信長は朝倉討伐のため越前へと向かっていた。
浅井家にも信長討伐の命の書状が届いており、昔から恩義のある朝倉氏を裏切る訳にはいかなかった。
久政は信長を攻めるつもりでいたため、長政も従わざるを得ない状況に追い込まれた。
長政はその考えを市に伝え、信長に伝えても良いと話す。


朝倉軍を織田軍は金ヶ崎で攻めていたが、突然の浅井の裏切りに逢ってしまう。
挟み撃ちとなることから、藤吉郎と明智光秀が殿をつとめて辛くも撤退する事ができた。

浅井は朝倉と組んだ軍勢で姉川の戦いに臨んだが織田と徳川の軍勢に敗れ、小谷城へ籠もるようになった。
この籠城で信長はすぐに攻め落とすとはせず、外堀から落とすことになる。
浅井・朝倉と結びつきが深い寺社を攻め落とすことから始めた。
比叡山延暦寺の焼き討ちなどを行い、浅井は次第に追い詰められていった。

籠城を続けていた小谷城内にて市が三人目の女子を産んだ。
長政はその赤子に近江の近くで生まれた子であるとして、「江」と名付けた。

浅井家にとっては江が産まれたのは一つの光ではあったが、戦況は次第に悪化。
ついには信長は城攻めを命令し、小谷城は落城することに。

長政は江が生まれたことで市には生き延びよと話し、信長の元へ戻すことを決めていた。
市は一緒に命を落とすと言うが、聞き入れられず3人の娘と侍女と共に逃げることになった。
こうして浅井氏は滅亡する。




篤姫の脚本をつとめられた田渕久美子さんによる大河ドラマが始まりました。
今回の舞台は近江から。
浅井氏の居城であった小谷城は山城で、何度も琵琶湖を望むシーンが登場してました。

ちとまあ、幾つかの場面でちとおかしいんじゃないかと思うところがありました。
が、あくまで「ドラマ」なんでしょうかね。

次週は主演の上野樹里さんが初っぱなから出てきますね。
何せ、序盤しか出てませんからねえ。

風林火山以来の出演となる水川あさみさんや、宮沢りえさんの登場機会も少なめ。
上野さんと水川さんの絡みはのだめカンタービレ(絡んだシーンは少しだけだったような気が・・・)やラストフレンズなどあるので、新鮮味は感じられないのが本音。



大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」


江 姫たちの戦国(NHK大津放送局)

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」 津放送局公式サイト




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ"江"/姫たちの戦国 Vol.1湖国の姫

    Excerpt:  【送料無料】歴史街道2011年02月号[雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道HP江 公式HP江 公式HP(大津放送局版)第1回「湖国の姫」【あらすじ】(↑のHPから拝借)織田..... Weblog: *Refreshing-wind blows* racked: 2011-01-10 00:07
  • 大河ドラマ 「江」 #1 湖国の姫

    Excerpt: 唯一の大御台所と言われる「江」の話。 骨太大河とは違う気がしますが…。 どうなるでしょうか。 しかし、江が「ごう」という音で出ません…。 まぁ、「え」で打ったほうが楽かな。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-01-10 07:55
  • 『江~姫たちの戦国』第1回は、浅井滅亡ダイジェスト

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第1回「湖国の姫」 浅井三姉妹の物語だから、初回を「浅井滅亡ダイジェスト」にせざるを得ないのでしょうねぇ。 目玉の上野樹里ちゃんの出番も少なく、予告編『これからの江~姫.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-01-10 09:23
  • NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第1回「湖国の姫」

    Excerpt: あけましておめでとおおおございまあああっす!今年のこれがブログはじめの書き込み出初式!皆皆様どうかひとつ本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします~~~♪ Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2011-01-10 10:32
  • 江 ~姫たちの戦国~

    Excerpt: 初回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-01-10 10:48
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆1希望の子として江は父長政に希望を託され永遠の別れとなった

    Excerpt: 9日スタートの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」を視聴した。 このドラマは戦国時代に生まれた浅井長政の3女で 後に2代将軍となる徳川秀忠の正室となり 3代将軍家光を産む江 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-01-10 11:14
  • ★愛菜ちゃん江姫の役じゃなかったんだぁ。。

    Excerpt: 2011年~大河ドラマ『江~姫たちの戦国~始まりました~今年もどうぞよろしくお願いいたします~m(__)m第一回「湖国の姫」公式ページはコチラ超かっこいい~~お兄さまぁ~の織田信長(... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2011-01-10 13:48
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第1話「...

    Excerpt: 始まりました2011年大河ドラマ「江」今年も豪華キャストで、幼少時代から楽しませてもらいましたなぁ。でも、今回はOPからしてすっかり「篤姫」のノリでしたね(^^;)まぁ... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-01-11 02:00
  • 新大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第1回

    Excerpt:  第一回「湖国の姫」信長の妹で絶世の美女として知られた市は茶々、初、江という3人の娘がいた。江には、父の記憶がない。時は少しさかのぼって1568年初夏。信長の命で市は、... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-01-11 11:19
  • お市は信長の従妹??

    Excerpt: いよいよ江が始まりましたね 三姉妹の中では茶々の影に隠れて目立たないお江ですが、 姉のお初よりはましかもしれません お江の名は近江からとったと言われていますが、定かで はないようですね... Weblog: 函館 Glass Life racked: 2011-01-11 11:21
  • 江 姫たちの戦国 初回から田淵久美子ワールド炸裂か?

    Excerpt: なにぃ? 浅井長政滅亡までを1話完結? 今年は観るか観ないか悩んだけど 一応一話くらいは観ないと 義理にも欠けるしぃ と思ったけど 姉川の合戦もあんだけ? 朝井・朝倉.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2011-01-11 11:39
  • 大河ドラマ「江」第一回『湖国の姫』

    Excerpt: 簡易感想です携帯からなんで、本当にちょこっと第一回は浅井長政とお市の出会いから悲しい別れまで簡潔に駆け足で描かれてましたね。江が生まれる前の話だからこのくらいの簡潔さが... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-01-11 15:53