大河ドラマ「龍馬伝」第10回

江戸から土佐へ帰った龍馬。

第10回「引き裂かれた愛」

江戸の千葉道場で修行をしていた坂本龍馬(福山雅治)。
道場主の定吉(里見浩太朗)から目録を受け取り、江戸から故郷の土佐へ戻ることになった。

定吉の娘佐那(貫地谷しほり)は龍馬に対して気持ちを打ち明けるが、土佐には大切なものがいると明かす。
大切なものとは平井収二郎(宮迫博之)の妹加尾(広末涼子)。
しかし、兄は武市半平太(大森南朋)と協調しており、志が同じでない龍馬との仲は許さない態度を示している。

土佐では江戸幕府の大老井伊直弼の政を批判した藩主が謹慎し、逆に吉田東洋が参与として復帰。
吉田による改革が実行された。
同時に、牢屋から岩崎弥太郎(香川照之)が出て長崎へ行くことを命じられる。

吉田東洋による政に快く思わない柴田備後(北見敏之)は屋敷で刀を振りまくる。
そんななか、武市が訪れ吉田東洋を追いだしたいことを伝えた。

武市は柴田から命じられ、女子を京へ送り三条実美の動きを探るようにさせる。
その女子にふさわしいのは加尾であった。
しかし、収二郎が勝手に決めたものであり、そのことを龍馬に話す。
龍馬は収二郎の提案である事は知らされてなかったが、半平太に何故なのかを問いただす事にした。

翌日、約束していた神社に姿を見せない加尾。
平井家に行ってみると誰もない。
しばらくすると饅頭屋(大泉洋)が龍馬に近づき、加尾が京へ行くことを決めたと話す。

その頃、柴田家では加尾が挨拶に訪れていた。
加尾を探していた龍馬の声が聞こえてきたが、当然ながら屋敷には入れない。
半平太が龍馬に話しかけ、加尾が自分で決めた事だと言い説得する。

その前に収二郎が加尾の前で腹を切ることを宣言していたのだ。
半平太が自ら提案しながらそれを柴田に断ったために怒りをかい、切腹しなければ気が済まないところまで来ていた。
そのため、実の兄が死んでしまうのは見たくないと京へ行くことを決心したのだ。

雨の降る神社。
龍馬と加尾が別れの挨拶を交わした。




今週の龍馬伝は感情的な展開でした。
次週は土佐勤王党の旗揚げです。




大河ドラマ「龍馬伝」



龍馬伝 NHK高知放送局「発進、龍馬伝」


Amazon.co.jp: 龍馬伝


はつ恋(通常盤)
ユニバーサルJ
2009-12-16
福山雅治

ユーザレビュー:
これだけでも十分リク ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






NHK大河 龍馬伝 前編
楽天ブックス
商品副データNHK大河ドラマ・ストーリーNHK大河ドラマ・ストーリー日本放送出版協会発行年月:200


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




龍馬伝〈1〉
日本放送出版協会
福田 靖

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック