不毛地帯 第十五話

近畿商事単独で入札する事に。

壱岐正(唐沢寿明)と近畿商事石油部長兵頭(竹野内豊)は、日本石油公社によるサルベスタン鉱区の入札の比率についての回答で、不満を持つ。
元々近畿商事のみだったのに、東京商事の鮫島(遠藤憲一)によって五井や五菱も加わって4社連合にり、なおかつ近畿商事分は10%だったからである。
そのことは大門社長(原田芳雄)も不満を持つことになる。

そこで壱岐は社長に単独で石油開発に乗り出すことを提案することにした。
しかし、ノウハウを知らない会社がやるのはリスクが大きいと言うが、壱岐の熱意により承諾する事になる。

メジャーと組むと案件が飲み込まれる恐れがあることを警戒し、また小さすぎるとリスクが大きくなることもあり、ある程度の規模があるアメリカのオリオンオイル社と手を組むことににした。
だが、その手立てがないため、壱岐は国際ロビイスト竹中完爾を頼る。
竹中は首相経験者が2人バックがある公社を敵に回すことを指摘し、石油はそんなに甘くないと釘を刺した。

オリオンオイル会長とのコンタクトがとれないと思いきや、黄紅子(天海祐希)はジャカルタに来るという情報を提供。
そこで、壱岐は兵頭と会長に面会する機会を得ることになった。



不毛地帯 - フジテレビ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「不毛地帯」戦後からの復興第14,15話石油開発で別の道を模索し壱岐は里井副社長に引導を渡したのだった

    Excerpt: 「不毛地帯」第15話は石油開発で東京商事の工作で比率が10%しか得られなかった近畿商事は独自路線で石油開発を模索した。その結果近畿商事はアメリカの石油会社と組んで入札に挑む事になった。そのため壱岐は社.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-02-11 23:49
  • 不毛地帯第15話(2.11)

    Excerpt: 貝塚@段田安則と鮫島@遠藤憲一の陰謀により、 イラン・サルベスタン鉱区入札への出資比率を低くされてしまう近畿商事 壹岐正@唐沢寿明は日本石油公社と手を切り、 米国オリオンオイル社と手を組むことを考える.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-02-13 03:08