龍馬伝 第6話

千葉道場を出てしまった龍馬。

江戸の土佐藩の屋敷に千葉道場の娘で、鬼小町とも呼ばれる千葉佐那(貫地谷しほり)が訪れた。
坂本龍馬(福山雅治)がを探してきたのだ。
応対した溝渕広之承(ピエール瀧)は一旦恐れをなしたが、なぜ龍馬に会いに来たのかと疑問に感じた。

龍馬は屋敷に戻ると、溝渕が来客が来ていると話した。
早速龍馬は佐那から話しを聞くことにする。
佐那は千葉道場に戻らないと破門にされてしまうと言った。
しかし、道場主の定吉(里見浩太朗)に刀などは必要ないと言った以上は戻ることなど出来ないと断った。

ペリーは半年後、再び日本へやってきた。
幕府への親書の返事が聞きたいということで来たようだ。
すぐさま阿部正弘ら幕府の重臣は話を聞くと返事し、横浜村に急遽会見所が設けられた。
アメリカの要求する開港が出来なければ、戦も辞さないとのことだった。
徳川の世が永劫まで続くならば、老中の阿部は開国したも構わないと考えていたようだ。

黒船が来航したことで、土佐藩を始めとした諸藩は沿岸の警備に当たっていた。
いざ戦になったら刀などは役に立たないと改めて思う龍馬。


龍馬は桂小五郎(谷原章介)とともに吉田松陰を探すことにした。
すると、黒船に乗り込もうとしている松陰を見つけた。

松陰と連れの金子は黒船に乗ってアメリカへ行くと、二人に話した。
桂は止めるが、龍馬は連れて行ってほしいと懇願する。
しかし、松陰はこの国にとどまるべきであると言い、二人で海に出た。
彼らの行動は失敗に終わり、二人は自ら奉行所へ自ら出頭することになり、長州藩へ戻ることになった。

松陰らがお縄をつながれたという話しはたちまち広がり、龍馬は考え込んでいた。


千葉道場に龍馬が戻ってきた。
彼なりの答えが出たようで、刀で黒船に勝てるのかどうかの問題ではなく、自らの問題であると道場主に語った。
定吉は彼を許し、再び修行する事になった。

1年余りの修行生活が終わり、道場主や佐那の兄重太郎(渡辺いっけい)らに対して挨拶をして土佐藩に戻ることになった。
佐那は龍馬に対し、江戸へ戻ってほしいと願う。
そこで龍馬は指切りで約束をする事になった。


岩崎弥太郎(香川照之)は土佐の商人の支援を受け、江戸へ行くことになった。
そこで弥太郎は加代(広末涼子)に、わしの嫁になってくれと申し出た。

また、山内重信に対するする上申書が読まれ吉田東洋に呼ばれた半平太(大森南朋)は、この国は開国したことで攘夷の道を選ぶしかないと説く。




福山雅治と渡辺いっけいが共演するシーンはガリレオを観ている感じがします。





大河ドラマ「龍馬伝」



龍馬伝 NHK高知放送局「発進、龍馬伝」


Amazon.co.jp: 龍馬伝


はつ恋(通常盤)
ユニバーサルJ
2009-12-16
福山雅治

ユーザレビュー:
これだけでも十分リク ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






NHK大河 龍馬伝 前編
楽天ブックス
商品副データNHK大河ドラマ・ストーリーNHK大河ドラマ・ストーリー日本放送出版協会発行年月:200


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




龍馬伝〈1〉
日本放送出版協会
福田 靖

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者6松陰と共にアメリカへ行きたいと申し出るも龍馬には他にやるべき事があると教えられるのだった

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」第6話は千葉道場を飛び出した龍馬を佐那が戻るように説得を受けた。その頃ペリーが再び来航し江戸幕府に開国を申し出て交渉に当たり、アメリカの条件を飲んでついに日本は開国した。その頃龍馬.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-02-07 21:22
  • 【龍馬伝】第六回

    Excerpt: 黒船を見て剣を止める侍なんて、江戸中探しても坂本さまくらいです。すっかり千葉道場に顔をださなくなった龍馬を心配して、佐那は土佐藩江戸藩邸まで訪ねてきた。しかし、龍馬は相変わらず黒船に取り憑かれている。.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-02-07 21:38
  • 福山雅治『龍馬伝』第6回★吉田東洋、吉田松陰

    Excerpt: 『龍馬伝』第6回:松陰はどこだ?  小生からすると”落ち着き払った偉人”というイメージを抱いていた吉田松陰を、コミカルな役柄を演じることの多い”生瀬勝久”が演じるって、けっこう斬新な印象。  .. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-02-08 12:37
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第六回『松陰はどこだ?』

    Excerpt: あの・・・・・色々突っ込んでも良いですか??毎回の事なんですけどねフィクションだと思えば良いんだ!!・・・と思ってはいるんですがう~~~ん・・・・・・・吉田松陰が密航しようとした時に龍馬と桂小五郎が止.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-02-08 15:23
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #6 松陰はどこだ

    Excerpt: 今日はちょっと眠い・・・。 簡単レビューかもしれません・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-02-08 22:00
  • 龍馬伝第6話(2.7)

    Excerpt: 黒船を目撃したショックで、剣の修行に意味はないと口走ってしまい、 千葉道場にいられなくなった坂本龍馬@福山雅治が、 吉田松陰@生瀬勝久の叱咤を受け、千葉道場に戻っていたというお話。 あくまで剣の修行に.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-02-09 10:03