スペシャルドラマ「坂の上の雲」 第1回

3年に渡って放送されるドラマが始まります。

司馬遼太郎が完成まで時間を要した大作「坂の上の雲」がドラマとなって始まりました。
実在した歴史上の人物である秋山好古、秋山真之、正岡子規の3人を中心としています。
ナレーションは渡辺謙です。




秋山家に淳五郎(真之)が生まれた。
しかし、父秋山久敬(伊東四朗)は出家させようとするが、兄の信三郎好古は豆腐一杯稼ぐと宣言する。

好古は15になると、大阪に師範学校があるという話を奉公先の風呂屋から聞く。
そのことを父に聞くと、家ではそんな話はできなかった。
代々秋山家は松山藩の徒士目付筆頭であるから、松山城にて久敬は息子から改めて聞く。
しかし、師範学校は10代後半からでないと入学できないということで、教師をしながら合格を目指すという道筋で大阪行きが認められることになった。

大阪から東京へ移っていた好古は里帰りしていた。
兄は陸軍士官学校に入学していた。
その理由を父が聞くと、手足が長いから勧められたのではないかと答えた。

真之(本木雅弘)や正岡常規(香川照之)が中学に入学する年齢となった。
自由民権運動の運動が松山でも盛んとなり、二人もしきりに唱えていた。

真之の周辺には京する者が多くなっていった。
子規も上京することになり、真之は松山で一人残っていた。

ある夜、久敬は真之に対して上京ができるという話しをする。
なぜそれができるのかと聞くと、兄の好古から来て欲しいとの手紙が届いていたからなのだ。

東京へ上った真之は、早速好古が下宿している元旗本の屋敷へ行くことに。
家の人が下宿先を案内すると、そこは障子が破けた建物だった。

夕方好古(阿部寛)が帰ってきた。
好古は陸軍大学校に入学しており、立派な軍人となっていた。
立派な格好とは裏腹に、家では茶碗一つしか持っておらず、酒を飲んだあとに飯を食うということをしていた。
真之は兄になぜなのかと聞くと、「男は身辺を単純明快した方が良い」と答える。

東大予備門に通うための学校に入学することができると、子規と再開を果たすことに。
英語の授業では、英国紳士のことについて触れられていた。
授業の教師は高橋是清(西田敏行)だ。
英国紳士はすばらしいとなどの話をするが、それは欧米諸国でしか通じず、日本はまねごとが好きな猿として罵られていた。

高橋の招きで横浜へ行くことになった真之と子規。
歩いていると、騒ぎが起きていた。
店主が自分の店から出てきて、英国人が飾ってあった鎧兜を持ち帰ろうとするのをやめさせようとした。
英国人は「店にあるのは盗まれた物だ」と言いがかりをつけられ、更に店主を痛めつけた。
その光景を見た真之は英語の授業で出てきたフレーズを思い出し、説得してみた。
しかし、耳を貸さないことから兜を投げ何とか盗まれないように抵抗を試みた。
争いが続いていると、英国人将校らしき人物が現れ、事なきを得た。

英国人が話していた裁判で争ったらどうだということを是清に聞いてみると、外国人を日本で裁けないという答えが返ってきた。
その頃は不平等条約を諸外国と結んでおり、治外法権が認められていた。

是清が二人に見せたかったのは、外国から導入した船が横浜に入港するところだった。
「日本紳士は弱きを助け強きをくじく・・・」といったことを教えたかったようだ。


冬に入っても、好古は真之に自身の考えを教える。
靴下を履くと贅沢だと言い、下駄の鼻緒が外れていれば裸足で行けとも言った。





幕末から明治維新を経て、そして文明開化で日本は西洋化していくさまが描かれました。



スペシャルドラマ「坂の上の雲」

NHK 松山放送局|スペシャルドラマ 坂の上の雲


坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
司馬 遼太郎

ユーザレビュー:
膨大な資料をもって、 ...
温故知新戦争を美化し ...
司馬作品は読みやすい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ










坂の上の雲(2)新装版
楽天ブックス
文春文庫 著者:司馬遼太郎出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:413p発行年月:1999年01月こ

楽天市場 by ウェブリブログ




『坂の上の雲』の秋山好古・真之とその時代
楽天ブックス
なぜ、この兄弟の生き方が、日本人の心をとらえるのか 著者:池田清出版社:ごま書房新社サイズ:単行本ペ

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新スペシャルドラマ「坂の上の雲」第1回

    Excerpt:  司馬遼太郎原作。近代国家として歩み始めた明治時代の日本を舞台に、日露戦争で大きな役割を担った秋山好古・真之兄弟、日本の近代文学を代表する正岡子規ら懸命に生きた人々の姿を描く。第一回「少年の国」260.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-11-29 22:05
  • スペシャルドラマ「坂の上の雲」第1話「少年の国」

    Excerpt: 明治維新直後の日本--------------。日本は『国家』となり、人々は『国民』となった時代。始まりました!!スペシャルドラマ「坂の上の雲」とりあえず初回は人物構成と、時代背景の説明。そうそう。ナ.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2009-11-29 22:11
  • 【坂の上の雲】第一回

    Excerpt: これは、わしが一番尊敬している方が書いた本じゃ。「学問ノススメ」福沢諭吉先生じゃ。ここにはの、「一身独立して一国独立す」と書いてある。「人1人1人が独立して、初めて国家が独立する。」と言う事じゃ。兄・.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-11-29 22:12
  • 坂の上の雲1 大河ドラマも 身辺も単純明快が一番いいのだ!

    Excerpt: 別段観ようとも思わず見ていたら すっかり魅入ってしまった。 だいたい渡辺謙さんのナレーション聞いてるだけで 泣きそう! まことに小さな国が開化期を迎えた。 小さなといえば明治初年.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-11-29 22:25
  • 「坂の上の雲」第1部1話武士の時代から近代国家の時代へ大きな改革の波に挑んでいく

    Excerpt: 「坂の上の雲」は司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」をドラマ化した作品で、明治維新から日本が武士から近代国家へと発展していく中を生きた人たちの姿を描いたストーリーである。江戸時代から明治維新にかけて日本が欧.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-11-29 22:35
  • 坂の上の雲~第1回 感想「少年の国」

    Excerpt: 坂の上の雲ですが、司馬良太郎原作の歴史ドラマです。日露戦争で活躍した軍人・秋山真之(本木雅弘)、秋山好古(阿部寛)の兄弟と正岡子規(香川照之)を中心に西洋文明に追いつこうとしている明治時代を描きます。.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2009-11-29 22:36
  • 坂の上の雲 第1回「少年の国」

    Excerpt: スペシャル・ドラマとして、司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」が放送。 全13回の予定で、第1回から第5回までが第1部として、年末まで放送されます。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2009-11-29 22:39
  • NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第一回「少年の国」

    Excerpt:  いよいよ始まりましたスペシャルドラマ「坂の上の雲」!もうここんとこNHKはこれ一色!今日も今日とて好古様を紹介する番組をやってましたし、お相撲中継では真之役のモックンさんがご登場、宣伝にあい努めてら.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2009-11-29 23:07
  • 【大河ドラマ】坂の上の雲第1回:少年の国

    Excerpt: ついに始まりましたね!2009年の大河ドラマ「坂の上の雲」例年よりも11カ月遅いスタートでしたが、待っていた甲斐のある出来栄えでした。感想用に取ろうと思っていたメモを忘れるくらい充実した90分間でした.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2009-11-29 23:11
  • スペシャルドラマ 「坂の上の雲」 少年の国

    Excerpt: 明治時代、日露戦争で活躍した秋山好古・真之と正岡子規の物語。 原作司馬遼太郎が「戦争賛美になりやすい作品。」「大河ドラマでは描ききれない。」と語ったそうで、 3年かけての放送となりました。 楽し.. Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2009-11-30 06:25
  • 『坂の上の雲』第1回★19世紀少年

    Excerpt: 『坂の上の雲』第1回:少年の国  今期5回、2010年秋に4回、2011年秋に4回、と3年で全13話というから、凄まじいドラマですね。 【 19世紀少年 】  松山で子どもが駆けめぐ.. Weblog: コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-11-30 12:10
  • 坂の上の雲 第一話

    Excerpt: #「少年の国」 中学を中退して上京した蓋世の軍師と詩人! Weblog: 還山捫虱堂 racked: 2009-11-30 19:10
  • 坂の上の雲 第一話

    Excerpt: #「少年の国」 中学を中退して上京した蓋世の軍師と詩人! Weblog: 還山捫虱堂 racked: 2009-11-30 19:11
  • 『坂の上の雲』第1回

    Excerpt: ~少年の国~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2009-11-30 20:15
  • 『坂の上の雲』第1回「少年の国」

    Excerpt: まことに小さな国が、開花期を迎えようとしている。日露戦争に関するお話。。伊予松山。3人の主人公。慶応四年(1868)三月。秋山家4人目の男子誕生。豆腐のような金。。真之と子規は松山中学に。自由民権運動.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2009-11-30 21:04
  • NHKドラマ「坂の上の雲」第一回 現代では否定された美徳

    Excerpt: ず~っと予告編をやっていたNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」がようやく始まりました。レトロな色合いの画面、長いナレーションと、一昔前のドラマのようなゆったりした演出に、ちょっと眠くなったけど、これ.. Weblog: 今日も何かあたらしいこと racked: 2009-11-30 21:45
  • 内藤亀田の裏側で・・・

    Excerpt: 当初は2006年度の放送を予定していたが脚本家の野沢尚の自殺などにより延び延びとなっていた司馬遼太郎原作のNHK特別ドラマ坂の上の雲が昨夜ようやく放送された。しかし、裏番組に驚異の視聴率43.1%の内.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-11-30 22:02
  • 「坂の上の雲」NHKスペシャルドラマ第1回

    Excerpt: えーと、やはりまずはドラマの感想から書くべきなんでしょう。 NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」 坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)日本放送出版協会このア.. Weblog: 郎女迷々日録 幕末東西 racked: 2009-12-01 00:10
  • 【坂の上の雲】初回感想と視聴率

    Excerpt: 【初回視聴率追加済】(11/30)初回の視聴率は、17.7%でした。裏のボクシング中継の亀田・内藤戦が、平均視聴率43.1%で、今年のテレビ番組視聴率で最高だったそうです。この影響が多分あったでしょう.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-12-01 15:23
  • 坂の上の雲 少年の国

    Excerpt: とても丁寧で予算もふんだん。クォリティ高い、期待させるドラマがはじまりましたね。 私、正直いって随分。斜に構えてました。とても有名な作品ではあるけれど、実際に読んだダンナさんが 「世間で騒.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-12-01 17:10
  • 『坂の上の雲』 少年の国

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント 第1回だけに、秋山兄弟と正岡子規の青春物語といった印象でした。たしかに豪華キャストなのですが、今回は高橋是清が一番の大物だったような。司馬遼太郎.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2009-12-01 19:18
  • 『坂の上の雲』 第1回「少年の国」

    Excerpt: 時は慶応4(1868)年3月、伊予(今の愛媛県全域)は松山…松山藩は、明治維新の悪影響をまともにかぶっていた。地理的に言えば、同じ伊予には宇和島藩がある。宇和島藩の宗家は伊達氏…そう、伊達政宗の長男・.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2009-12-01 20:41
  • 坂の上の雲 第一話 少年の国

    Excerpt: 渡辺謙の語りが秀逸! 期待の坂の上の雲が始まった。でも内容はつまんない。よく考えてみれば、原作の方が最初のあたり(秋山兄弟や正岡子規の松山時代)も面白くない。NHKは、原作に忠実なドラマとして作ったの.. Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2009-12-04 21:21
  • 『坂の上の雲』を読み、観て

    Excerpt: 第一話では、原作では読み落としていた感動を味あわせてもらいました。しかしこれは、番組だけ観た人も気がつかない感動かもしれません。とすれば、両方をつなぎ合わせて私の頭が勝手にでっち上げた感動か、それと.. Weblog: フリーライター、仕事なければフリーター racked: 2009-12-12 20:21