大河ドラマ「風林火山」 第42回

由布姫が亡くなり、失意の勘助は・・・。

風林火山 第42回 「軍師と軍神」

天文から弘治に変わり、由布姫は亡くなった。
木曽攻略が成功し、山本勘助(内野聖陽)が武田晴信(市川亀治郎)の前に姿を現す。
由布姫と約束したことをそらしたい勘助は「長尾景虎の首を落として上洛を果たしまする」と言うが、早まっているらしく抑えた。

晴信は三条夫人(池脇千鶴)に笛を渡した。
由布姫(柴本幸)から預かったという。
四郎はどうするのかと聞くと、晴信は武将にして諏訪の跡取りとする考えを示す。

勘助は由布姫の墓前で大いに悲しみをあげる。
四郎は秋山信友の元に預かることになった。
由布姫の老側女だった志摩は身寄りがない身であるため、四郎の側にいることを勘助に告げる。
志摩にも由布姫との約束を果たすように諭された。


一方、越後にも内紛が続いていた。
譜代から長尾家に使える者と、最近になって家臣になった者同士が領地争いをしていた。
それを景虎(Gackt)は憂いていた。
景虎は侍女の浪(占部房子)に内紛があったことを話す。
その後、景虎は春日山城から姿を消した。

長尾家軍師の宇佐美(緒方拳)はある書状を読んでいた。


一方の勘助も、自身の屋敷から姿を消した。
リツ( 前田亜季)は使いの人間に聞いても分からない。
晴信には置き手紙を書いていた。


宇佐美と直江が桃(西田尚美)と長尾政景と話し合っていた。
宇佐美は上洛の際に立ち寄っていた高野山ではないかということだった。


無量光院の高層・清胤(佐藤慶)と話す勘助。
自分が関わるすべての人間は不幸になってしまうと、胸の内を語った。
その時、突然の来客がやってきた。
長尾景虎だった。

夜、一人で唱えていた景虎を見る勘助。
近づくと景虎は気配と感じ、「俗世がここまで来たか」と言い斬りつけようとする。
刺客としてではなく高層に会うために来ていた勘助は、防戦一方。
丁度そこへ清胤がやってきて、「修行できたのでないのか」と咎められる。
改めて修行とは何かと問われる。


翌朝、二人は話し合う。
景虎は勘助に対し、何しに来たのかと聞かれた。
由布姫が身罷れたと答えた。
景虎は勘助がこのまま甲斐へ戻り、自分のいない越後へ攻め入るかもしれないなと笑う。


ある夜、政景ら長尾家の家臣が高野山へやってきた。
大熊が謀反を起こして宇佐美と対峙しているという。
大熊の背後には武田が与しているのではないかと。
「御屋形様、お発ち下され」という言葉に対し、景虎は立ち上がり勘助に向けて小刀を投げる。
「甲斐に戻って晴信に伝えろ、新たなる敵ができたとな」


甲斐に戻った勘助は、原(宍戸開)の娘リツを娘として迎えると言う。
その言葉に、晴信は「そう来たか」と驚いた様子。

こうしてリツは山本家に迎えられることになった。




来週は出家ですか。

Powerd By WebToJpeg

大河ドラマ「風林火山」


Powerd By WebToJpeg

Yahoo!テレビ - ドラマ特集 - 風林火山 -


テクノラティのタグ


風林火山


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 風林火山42リツちゃんへの高野山土産は摩利支天!?

    Excerpt: 歴史に純客観的に歴史と呼べるものはないと思う。川中島の決戦、関ヶ原の戦いなどなど、歴史的事件が寸分の間違いもなく記述された歴史書などはないでしょう。おおざっぱには間違いないかも知れないが、些細な点では.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-10-21 21:07
  • 風林火山

    Excerpt: 第42回/軍師と軍神 ―あらすじ―由布姫の死は勘助(内野聖陽)の心に深い傷を残した。そして最後に言い残した「嫁を取り、跡継ぎをつくるのです」という言葉が重く響いていた。迷いを振り切るため晴信(市川亀.. Weblog: のたまふ racked: 2007-10-21 21:08
  • 風林火山42リツちゃんへの高野山土産は摩利支天!?

    Excerpt: 歴史に純客観的に歴史と呼べるものはないと思う。川中島の決戦、関ヶ原の戦いなどなど、歴史的事件が寸分の間違いもなく記述された歴史書などはないでしょう。おおざっぱには間違いないかも知れないが、些細な点では.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-10-21 21:08
  • 「風林火山」第42回

    Excerpt:  第四十二回「軍師と軍神」由布姫の死は勘助の心に深い傷を残した。そして最後に言い残した「嫁を取り、跡継ぎを作るのです」という言葉が重く響いていた。迷いを振り切るため晴信に置手紙を残し、勘助は旅に出た。.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-10-21 21:18
  • 「風林火山」第42話感想。

    Excerpt: 身も心もボロボロな勘助。 由布姫の墓をスリスリ、泣き言を漏らします。 その姿は可哀想通り越していっそ気持ち悪いです。 情けないなぁ、勘助。 あれ? 三条夫人、ちょっと太った? いつだったか由布姫にあ.. Weblog: ヘタレの戯言~ひとりよがり風味~ racked: 2007-10-21 21:28
  • 風林火山 第42話 勘助と姫と摩利支天

    Excerpt: 内容由布姫がこの世を去り、傷心の勘助。姫の墓に四郎のことの誓いを立てた勘助は、晴信に書状を残し、旅に出る。そこは、その昔、勘助が、摩利支天を授かった高野山・無量光院であった。その住職、清胤と話をしてい.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-10-21 21:42
  • 風林火山「軍師と軍神」

    Excerpt: 風林火山「軍師と軍神」 木曾との戦を終え諏訪に戻った勘助。 晴信は由布姫を弔って勘助の帰りを待っていました。 勘助曰く、越後の景虎(ガクト)の首級をあげていよいよ上洛へ…。 甲斐、信濃、越後の三国.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2007-10-21 22:02
  • 大河ドラマ 「風林火山」 軍師と軍神

    Excerpt: 愛する由布姫が死んでしまい・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2007-10-21 22:19
  • 大河ドラマ「風林火山」42話「軍師と軍神」

    Excerpt: 今回は運命の再会でしたね。勘助と景虎の面白いやりとりに思わず笑いが出てしまいましたよ。でも脚本が面白いからすっごい楽しく見れました♪ 由布姫の死は勘助(内野聖陽)の心に深い傷を残した。そして.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2007-10-21 22:30
  • [大河ドラマ]風林火山 - 「軍師と軍神」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ さて、週末は風林火山です由布姫の死でボロボロになった勘助が、ようやく諏訪に帰ってきます Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-10-21 22:39
  • [大河ドラマ]風林火山 - 「軍師と軍神」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ さて、週末は風林火山です由布姫の死でボロボロになった勘助が、ようやく諏訪に帰ってきます Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-10-21 22:40
  • 風林火山~第42回・摩利支天vs毘沙門天!

    Excerpt: 風林火山ですが、由布姫を失った山本勘助(内野聖陽)はザンバラ髪で身も心もボロボロになっていますが、何とか甲斐まで辿り着きます。武田晴信(市川亀治郎)から由布姫を手厚く葬ったと聞かされます。(風林火山、.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-10-21 22:42
  • 風林火山 42「軍師と軍神」

    Excerpt: 由布姫を失った勘助の悲しみは深かったですね。あんなにボロボロになるまで悲しんでくれるんですから、姫様ってば幸せ者です。 なのに晴信も志摩もちょっと「約束約束」うるさい気がしました。無理矢理っぽくて気.. Weblog: はざまの欠片 racked: 2007-10-21 22:49
  • 大河ドラマ 風林火山・第42回 「軍師と軍神」

    Excerpt: 今週はサービスカットの連続みたい! 史実にはアリエナ~イ、シンジラレナ~イお話みたいですけど、 でも嘘があってこそのドラマじゃないですか、せいぜい魅力的な嘘をついていただきたいものでございます。 .. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2007-10-21 22:49
  • 風林火山 42「軍師と軍神」

    Excerpt: 由布姫を失った勘助の悲しみは深かったですね。あんなにボロボロになるまで悲しんでくれるんですから、姫様ってば幸せ者です。 なのに晴信も志摩もちょっと「約束約束」うるさい気がしました。無理矢理っぽくて気.. Weblog: はざまの欠片 racked: 2007-10-21 22:49
  • ☆風林火山42・・そうきたか。。

    Excerpt: 今日も大河ドラマ「風林火山」を楽しみました由布姫が亡くなり勘助は傷心の旅に出るのでした。。今週のあらすじ 第42回「軍師と軍神」いくら由布姫との約束でも姫が亡くなってすぐにはショックから立ち直れないよ.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2007-10-21 22:51
  • 風林火山(10月21日)

    Excerpt: 本筋からちょっと離れたスピンオフのような回。 しかも、主人公はどうみても、長尾景虎。 Weblog: 今日感 racked: 2007-10-21 22:59
  • 風林火山 第42話 軍師と軍神 合間見える。。。

    Excerpt:  さて、今回の風林火山ですが、由布姫が表舞台から去り、そのショックから立ち直れない勘助は、由布姫と生前に取り交わした約束である『嫁を娶る』と言う内容が、重荷となっている日々を送っていたようです。 Weblog: Natural Days racked: 2007-10-21 23:02
  • 風林火山・裏切りの重臣!!

    Excerpt: 由布姫に対する愛なのか?それとも自分の人生の意味 が分からなくなってしまったのか? それにしても、晴信に置手紙を残して旅に出るとは一国 の軍師の行動ではありません{/kuri_5/} 失恋して、傷心旅.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-10-21 23:34
  • 風林火山 第42回「軍師と軍神」

    Excerpt: 日曜の夜は大河ドラマ!!(^-^) さて今回は、かなりドラマ オリジナルっぽいお話。 脚本家の腕の見せ所といった感じですね。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2007-10-22 00:46
  • 風林火山 軍師と軍神

    Excerpt:  甲斐・越後から高野山までって、当時どれくらいで行けたのですかね。。。?1里(約4キロ)を1時間で歩くとして、何里ほどあったのでしょうか?まぁ、それはいいとして。。。勘助は由布との約束の重さに迷い、景.. Weblog: ちゃんばら娘 racked: 2007-10-22 08:02
  • 大河ドラマ“風林火山”第42回 「軍師と軍神」

    Excerpt: NHK大河ドラマ “風林火山”。先週残念ながら、第42回「姫の死」を見逃してしまったので、2週ぶりの書き込みです。今週のOAは、第42回 「軍師と軍神」。山本勘助は、武田晴信(後の信玄)側室・由布姫の.. Weblog: ビープロ with 遠州森町 racked: 2007-10-24 20:03
  • けんかをやめて(風林火山・42話)

    Excerpt: ・・・二人を止めたのは、高野山のお坊様でした・・・(てっきり、姉が弟を諫める話かと思ってました)・・・。 Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2007-10-24 22:52