大河ドラマ「風林火山」 第26回

志賀城攻めで、武田がとった策は・・・。

第26回 「苦い勝利」

天文16年、信濃佐久郡の志賀城主である笠原清繁(ダンカン)が武田家に向けて兵を挙げた。
笠原の背後には関東管領上杉憲正がおり、呼応して挙兵するかもしれないということ。
武田晴信(市川亀治郎)からその旨の書状が送られてきて、板垣信方(千葉真一)は山本勘助(内野聖陽)は上原城にてその状況を知る。

晴信は、相木市兵衛(近藤芳正)ら信濃先方衆を集めた。
笠原城攻めについての策を練った。
相木は葛尾城の村上義清(永島敏行)のもとへ笠原の援軍をやめるよう説得させることにした。
実際に笠原に要請されていたが、逆に武田家を攻めると言って聞き入れた。

越後の栃尾城にて、長尾景虎(Gackt)が家臣から挙兵を促された。
景虎様が兄上よりもこの国を治めることの方が良いと言う。
しかし、景虎は兄上を斬ると不義なる者に成り下がると固辞する。
それでも、城へ攻めてきた兵を討ち落とす。


真田幸隆(佐々木蔵之介)のもとへ平蔵(佐藤隆太)が捕らえられた。
幸隆に味方したいという平蔵であるが、村上の家臣から間者となれという命令が出ていた。


上杉憲正の援軍は、小田井原にて甘利と板垣の軍勢が討ち取った。
村上の援軍も期待していた笠原だったが、これで志賀城は孤立した。

なおも攻撃の手を緩めない武田の軍勢。
晴信は情けは無用と、志賀城攻めを仕掛ける。
そこへ甘利から軍師として勘助が何か申せと言われ、降伏させるよう進言する。
しかし、戦わずして勝つ策が続けばまたもやその兵がまた反旗を翻すという。
此度も力攻めで落とすことにはかわりはなかった。

勘助は降伏させる事を了承されたが、晴信は上杉方の兵士の首を志賀城の周りを囲めということも命ぜられた。
しかし、笠原は籠城を続けて滅ぼされる結果となった。
兵は残らず殺され、捕らえられた人間は甲斐の府中で売られてしまった。
何ともむごいやり方であった。

相木は幸隆と勘助に対して、此度の戦では晴信の命により村上に内応してしたことを明らかにした。
人質が甲斐にいれば、従わざるを得ない事であった。


この戦で、小山田信有(田辺誠一)は当時海ノ口城にいた姫を褒美としてもらうことができた。

甘利と板垣は負けを知らない晴信に危機感を抱く。
また、強がっている晴信も諏訪で由布姫(柴本幸)には弱みを見せる。


村上の間者と相木に見破られた平蔵。
矢崎十吾郎のためとはいえ、今後どうなるのか。




今回の勘助は、酷な役目を引き受けましたね。

策と力の両面が合わせば、兵は強かったかも。
どちらかが偏りすぎると、家臣たちが不安になるのでしょう。




上信越道松代パーキングエリア下りにて。

画像


Powerd By WebToJpeg

大河ドラマ「風林火山」


Powerd By WebToJpeg

Yahoo!テレビ - ドラマ特集 - 風林火山 -


テクノラティのタグ





RETURNER~闇の終焉~(初回盤)(DVD付)
RETURNER~闇の終焉~(初回盤)(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月01日 21:23
こんばんは~。いつもお世話さまです~。
まさに苛烈というのがふさわしかった今宵の晴信様。
飢饉続きで互いに攻め合い略奪し合う甲斐の土地柄なんですかねえ~。
打って変って米どころの越後ではあのような正義の使者が生まれたわけで・・・
衣食足りて礼節を知るって、こういう事なんですかねええ~。
2007年07月01日 22:02
真田さま、ありがとうございました。

過去の話で後の「信玄堤」に関する事が出ていたくらいだから、当時の甲斐は不作が続いていたのでしょう。
だからといって、それによって武将が責め合うのが「甲斐の土地柄」なのかどうかは分かりません・・・。

長尾景虎を見ていると、今の武田は「不義なる者」でしょうね。
でも、当時の越後は米どころだったのかな?
2007年07月03日 05:47
はじめまして!TBありがとうございました。

内野さん?が「武田家には正義はない、正義は謙信に任せる」とかおっしゃってたと聞きましたが、まったくその通りの展開になってきましたね。
晴信には家督を継いだときの信念を早く取り戻してほしいものです。
勘助様への冷遇もやめてくれ~。可愛さあまって憎さ百倍状態?早く信頼しあえる主従関係に戻ってほしいです。
2007年07月03日 16:44
あきみさっちさん、ありがとうございました。

晴信が正気を取り戻すために村上義清との戦に負けた事が、証拠となったのではないでしょうか。
勝ちが自信を生んで過剰なまでに結果を求めすぎると、あれこれ言う家臣なんて疎ましく見えてくるのかもしれません。
勘助らの冷遇がいつまで続くのやら・・・。

この記事へのトラックバック

  • 「風林火山」第26回

    Excerpt:  第二十六回「苦い勝利」信濃国佐久郡の志賀城主・笠原清繁が、武田に反抗して兵を挙げた。佐久がいつまでも治まらないことに晴信はいら立つ。笠原は村上義清に援軍を要請する。一方、越後では、当主・長尾晴景が、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-07-01 21:11
  • 大河ドラマ 風林火山・第26回 「苦い勝利」

    Excerpt: 苦い勝利?苦いのはラガービールだけで十分ですよう。 あ、あとそれから、コーヒー紅茶にゴーヤーにピーマン、それからそれから・・・ って、食べ物の話題じゃあなかったですね。失礼~。 Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2007-07-01 21:20
  • 風林火山26晴信ダークサイドに堕ちる!

    Excerpt: 何か風雲急を告げるというか、暗黒雲がモクモク湧いてきて、今にも魔王が天降るような展開になってきました。だいたいガクト妖しすぎ! ガクトの衣裳といい、ライトの当て方といい、その悩ましい色使い、完全に魔.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-07-01 21:23
  • 風林火山26晴信ダークサイドに堕ちる!

    Excerpt: 何か風雲急を告げるというか、暗黒雲がモクモク湧いてきて、今にも魔王が天降るような展開になってきました。だいたいガクト妖しすぎ! ガクトの衣裳といい、ライトの当て方といい、その悩ましい色使い、完全に魔.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-07-01 21:23
  • 風林火山 第26回「苦い勝利」

    Excerpt: 早いもので、今回から後半へ突入です。 今年の大河は一回一回の密度が非常に濃いので、見逃したりすると話が解らなくなりますね。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2007-07-01 21:48
  • 風林火山:第26回 「苦い勝利」

    Excerpt: 大河のトップページの座は取り戻したものの、オヤカタサマの信頼は取り戻せない勘助。 Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2007-07-01 21:55
  • 風林火山26裏切りの国!

    Excerpt: 最近わりと「あらすじ」をチラ見して書いていたんですよ。したらそれが邪魔でかえって書きずらい・・・という現象がおこりましてねえ・・・。で、今回はノーチェックで臨みます!・・・ったって「ドラマ本」見ち.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2007-07-01 22:11
  • 大河ドラマ「風林火山」26話「苦い勝利」

    Excerpt: ついに勘助と晴信の蜜月が終わる時を迎えてしまいました(><)なんかすっごい痛い状況が続きそうで・・・心労が 信濃国佐久郡・志賀城主、笠原清繁(ダンカン)が武田に抗い兵を挙げた。佐久がいつまで.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2007-07-01 22:25
  • 風林火山 26「苦い勝利」

    Excerpt: 勝ちは見えているのに、見せしめの為に城を攻め落とす…。勘助の進言ももう晴信には届かないようです。後味の悪い勝ち方でした。今回は勘助や重臣達の表情が終始切なかったです。 一方、久々に本領発揮だったのが.. Weblog: はざまの欠片 racked: 2007-07-01 22:31
  • 風林火山~第26話・群雄割拠!

    Excerpt: 風林火山ですが、今回諸勢力入り乱れた戦国時代という感じで誰が主役かしばらく忘れていたほどでした。佐久地方でまたぞろ反乱が起こるのですが、反武田の巣窟・志賀城城主の笠原清繁はたけし軍団のダンカンです。(.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-07-01 22:33
  • 大河ドラマ 「風林火山」 苦い勝利

    Excerpt: 関東管領の力を借りた佐久衆がいよいよたちが上がりました。 そして、晴信の強攻策が・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2007-07-01 22:35
  • ★風林火山26・・鬼になった晴信。。

    Excerpt: 今日も風林火山楽しみました面白かった~~いよいよ戦です~今週のあらすじ 第26回「苦い勝利」鬼と化した晴信の激しい戦もう誰も止められません。。勘助の助けは不要じゃってのっけから言ってましたね。。「武田.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2007-07-01 22:43
  • 驕る者は・・・~風林火山・第26話~

    Excerpt:  『驕る平家は久しからず・・・』  こんな言葉が思わず頭を過ぎってしまいそうになりましたが。。。  今回の風林火山ですが、晴信の増長がますますエスカレートしていきます。  信濃・佐久地方.. Weblog: 新・りっきーのブログ日記 racked: 2007-07-01 22:49
  • 風林火山 第26話 非情なる戦い

    Excerpt: 内容佐久、志賀城の笠原清繁が、武田に反旗を翻した。村上軍、関東管領軍に援軍を要請する笠原。晴信の動きは速く、村上が動く前に策で相木市兵衛を村上に内応させ、村上軍を封じ込める。一方、援軍としてきた関東管.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-07-01 23:00
  • 【風林火山】第二十六話

    Excerpt: 武田に刃向かうは犬死にであると今こそ信濃に知らしめるのだ変わってしまった晴信。勝つ事に一直線な晴信。負けた事がない者は、こんなに弱者に残酷になれるのか。。。勘助の「戦わずして勝つ戦」の言葉は、もう晴信.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2007-07-01 23:30
  • 風林火山 - 「苦い勝利」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 今日はBS-hiで少し早めに見ました前回、勘助と晴信二人ともおかしくなってしまった風林火山頭に回っていた馬糞が抜け、四郎・由.. Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-07-02 00:03
  • 風林火山 - 「苦い勝利」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 今日はBS-hiで少し早めに見ました前回、勘助と晴信二人ともおかしくなってしまった風林火山頭に回っていた馬糞が抜け、四郎・由.. Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-07-02 00:03
  • 風林火山「苦い勝利」

    Excerpt: 風林火山「苦い勝利」 勘助「ぼ、僕、軍師なんですけど~。」 景虎「む、空しくないかぁ~。」 晴信「い、戦に負けるの、こわぁ~い。」 主役級三人の凹み。 板垣、甘利も凹み。 小山田様だけ褒美をゲットォ.. Weblog: ねぇ、しょーP、こっち向いて♪ racked: 2007-07-02 07:53
  • 「風林火山」第26話。

    Excerpt: ヒトのことをブサイクブサイクと連呼しとるけど自分はどやねんという わけで、最近“美容”に気をつけるようになりました。とはいえモトが モト、トシがトシなのでたいした効果は期待できませんが…。とりあえ.. Weblog: Creme Tangerine racked: 2007-07-02 12:09
  • 第26回「苦い勝利」 ~人間、挫折も必要ね…の巻~

    Excerpt: 今回、LIVE放映を久々に息子(5歳)が一緒に観ていたのですが、晴信を見て、「あ、晴信ヒゲはえてる」次回予告の終わりの旗指物?や陣羽織?の絵(赤から緑になってましたね)に、「あ、変わってる」子供の注意.. Weblog: 気の向くままに♪あきみさ日記 racked: 2007-07-03 05:30
  • 風林火山、晴信と快川紹喜!!

    Excerpt: 『以前は勝ち続けるのが恐ろしかったが今は負けるのが恐ろしい』 と言う晴信。いつかは負ける、いや絶対負けるそれがいつなのか、 次の戦なのか、究極の疑心暗鬼ですよね{/hiyo_oro/} ヘッドに立つ人.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-07-03 10:21
  • 大河ドラマ“風林火山”第26回 「苦い勝利」

    Excerpt: NHK大河ドラマ “風林火山”。 今週のOAは、第26回 「苦い勝利」。信濃国平定のため、佐久郡への侵攻を進める武田晴信(後の信玄)。その佐久郡・志賀城主、笠原清繁が武田に抗い兵を挙げる。笠原は、葛尾.. Weblog: ビープロ with 遠州森町 racked: 2007-07-03 19:51
  • 板垣信方

    Excerpt: 風林火山、毎週大河ドラマは楽しみにしています。今日の最後の場面、板垣信方が武田晴信を諭す場面はかっこよかったですね~あんなシーンに男を感じる私は古すぎなのか???もの凄く胸が熱くなります。。。昔の事な.. Weblog: ラジオとネットが好き racked: 2007-07-08 23:06