のだめカンタービレ 18巻

最新巻は発売中。

二ノ宮 知子
発売日:2007-06-13
価格

次巻が気になる・・・
17巻の最後は千秋が「引っ越す決意」をしたところでの終了だった。続きが気になり待ちに待っての18巻発売でしたが、今巻の最後も気になる終わり方。のだめの2回目のサロンコンサート。千秋は向かう途中でヴィエラ先生に出会い、ヴィエラ先生のリハーサルへ誘われ、のだめのサロンコンサートへは現れず。それでも、のだめはキレる事なく、最後まできっちり演奏を終えたところに、ピアニストへ向かっての成長がみられた。千秋ものだめも、気持ち新たに、それぞれの音楽の道を進み始めてはいるが、すれ違いになりそうで気が気ではない終わり方。引っ越しの理由を、のだめにきちんと説明できた千秋だから、サロンコンサートへ現れなかった理由をきちんとのだめに伝えられれば問題はないだろうが、このまま放置だと、二人の仲がこじれそうな予感・・・。とにかく、続きが気になります。19巻。はやく出てほしいです・・・。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成



先月の話しなんですが、のだめカンタービレ第18巻を購入しました。
とかいっておきながら、一回しか読んでなかったりします。


新春スペシャルでドラマが帰ってくるというので、期待大ですね。

Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる!2夜連続放送

のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる!2夜連続放送
7月11日8時1分配信 サンケイスポーツ

 昨年10月期に放送され、クラシックファンを急増させたフジテレビ系月9ドラマ「のだめカンタービレ」がスペシャルドラマになることが10日、分かった。放送終了後、続編希望のメッセージを寄せるファンに応えたもの。舞台を花の都、パリに移し、上野樹里(21)扮する主人公のだめと、玉木宏(27)が演じた千秋のその後を描く。来年新春の目玉として2夜連続放送される。

 破天荒ピアニストにまた会える!と、喜んでいるのはファンだけではない。「パリに舞台を移し、前回とはまた違った“のだめワールド”を思いっきり楽しんで演じたいです」。のだめこと、野田恵役がハマりにハマった上野が好演を約束した。

 フジによると、スペシャル版制作の原動力になったのは、ファンの声。公式HPには、放送終了後も続編を望む声や、再放送を希望する書き込みが寄せられ、その数は現在まで約1万件。また、同局のHP内のアクセスランキングで、放送が終わり7カ月がたった現在でも、20位内にランクインしている。

 スペ版では、連ドラのラストでパリに留学したのだめと千秋のその後を描く。二ノ宮知子さん原作のコミックに描かれている、のだめのアパートの同居人で、同じ音大に通うロシア人やフランス人など、ドラマでの新キャラクターが登場予定。

 同局の若松央樹プロデューサーは「のだめ、千秋がフランスでも大爆発。海外制作の課題である外国人の設定や言葉の壁も逆手にとって、のだめワールドらしく、面白おかしく、また、感動もスケール感も何倍にもパワーアップして描いていきます」と約束した。

 一方、女性ファンに、“千秋さま”と呼ばれる人気キャラを熱演した玉木は、「『のだめカンタービレ』が帰ってくることになり、僕自身、期待感が膨らむ日々を過ごしています。音楽、フランス語、フランスでの生活などなど今回も課題が多いようですが、ひとつひとつのハードルをクリアしながら、千秋真一を精いっぱい演じていきたいと考えています」とコメントを寄せた。

 パリを中心とした海外ロケは今秋、約3週間にわたって行われる予定。



深夜帯にやっていたアニメ版は、途中で見なくなりました。
興味がなくなったわけではないのですが、やはりきついですな。

のだめカンタービレ VOL.1 (初回限定生産)
のだめカンタービレ VOL.1 (初回限定生産)二ノ宮知子 カサヰケンイチ 川澄綾子

角川エンタテインメント 2007-04-13
売り上げランキング : 249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
のだめカンタービレ VOL.2 (初回限定生産)
のだめカンタービレ VOL.3 (初回限定生産)
のだめカンタービレ VOL.4 (初回限定生産)
のだめカンタービレ VOL.5 (初回限定生産)
のだめカンタービレ VOL.6 (初回限定生産)



のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック