日テレ「モーツァルト生誕250年目の真実」を観る

今日は、文化の日。

日本テレビが制作し、文化庁文化祭に参加している番組『モーツァルト生誕250年年目の真実』を観てます(ましたとも言いましょうか)。

クラシック音楽は殆ど聴かないのでよく分かりませんが、モーツァルト(本名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)が天才であることは知っていました。
知っている曲名と言えば、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や「トルコ行進曲」くらいでしょうか。
自分が持ち合わせている知識は、それくらいしかありません。
本当に、申し訳ないです。

彼が1756年にオーストリア・ザルツブルグで生まれて、35年という短い生涯を終えるまでに数々の楽曲を作り上げてきたそうです。
3歳にクラヴィーア(ピアノが作られる前の鍵盤楽器)に触れ、5歳で作曲したという彼。
一生の殆ど(10年2ヶ月)を旅に費やしています。

天才と呼ばれた彼の一生は、順風満帆に見えても波乱に満ちてもいたんですね。


番組内では、オーケストラの生演奏まで行うという豪華な内容でした。



提供 第一生命

司会 関口宏(知ってるつもり?!)
出演者 内田光子(ピアニスト) 茂木健一郎(脳科学者)
旅する人(ナビゲーター) 東山紀之 雨宮塔子
ナレーション 寺尾聡(TBSの世界遺産みたいなイメージが漂う)

 





生誕250年周年を迎えていろんなCDがリリースされてますね。
ネットで探すと、いろいろあるんですね。

特に、タワーレコードの特別編集版CDはお買い得。
10枚で2500円というあり得ない価格。
これを機にチェックしてみたいと思います。


Yahoo! JAPAN - 生誕250年モーツァルト特集
http://event.yahoo.co.jp/mozart/


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88





Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791) ファンタジスタ!モーツァルト 10枚組 12時間超!



-関連商品-
のだめカンタービレ第15巻では、モーツァルトを取り上げています。



二ノ宮 知子 著 - のだめカンタービレ 15 (コミック)



100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スポーツ瓦版
2006年11月04日 09:39
天才でも苦労してますよね。
2006年11月04日 19:09
確かにそうですね。
苦労しない人間は、生涯にわたってほとんど報われるはずもないので・・・。
2006年11月04日 19:31
クラシックなんて全く興味の無い私でも、楽しく見られた特番でした。

モーツアルトが「ウ○コ」連発の手紙、お蔵入りだった意味がわかるような(笑)
2006年11月04日 21:52
過去物語さん、ありがとうございました。

天才音楽家というイメージだけだったけれども、意外な一面があったこともわかってためになりました。

この記事へのトラックバック