多数に埋もれる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ「東京タワー」

<<   作成日時 : 2006/11/18 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 6

放送延期となりましたが、遂にオンエア。

イラストレーターのリリー・フランキー氏(本名:中川雅也)の小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』。
昨年のベストセラーになり、今年の本屋大賞にも輝きました。

そのドラマ版が今夜9時からフジテレビで放映。


ボクは、大泉洋。
僕の母親(栄子)役は、田中祐子。
父親(弘治)役は、蟹江敬三。

成田真沙美役は、広末涼子。
雅也の大学の後輩の榎本は、佐藤隆太。

始まりは、福岡の筑豊から。
ボク(雅也)の幼少時代は、炭坑は活気に満ちていました。
オカンとオトンは、一時期離婚の危機になったことも。
中学生になると、彼は東京へ出て絵描きになると言い出しました。


東京に出てきた雅也はろくに働くことができず、家賃を滞納して大家さんに追い出されてしまいます。
家賃は、母親の栄子が肩代わりしたそうです。
その栄子は、小料理屋を切り盛りしていました。

東京タワーの近くの公園で野宿していた雅也と榎本。
そこで、雅也は東京タワーで働いている真沙美に出会います。

彼は、心を入れ替えて働き出します。


笹塚の借家に住み、新生活を始めることになりました。
電話線も引き何度も上京している幼なじみに電話をかけたところ、栄子が病気にかかっていることがわかる。
至急筑豊に戻る雅也。
彼が帰った故郷は、全く違う光景が広がってました。

実家に帰ると、姉が出てきました。
検査をし終わった母親が元気そうな表情で顔を出しました。
雅也が帰ってきたということで、宴が始まりました。
そこに、なぜかオトンがやってきてすぐに帰ってしたりしましたが。

雅也は栄子に東京へ住もうと切り出し、一緒に住み始めます。


東京での暮らしが始まり、真沙美も手伝い新家に訪れたときもありました。
イラストの仕事も順調なってきたなかで、持病のガンが進行していることが医師に告げられます。
雅也は看病することになりました。

抗ガン剤による治療が始まりましたが、徐々に苦しくなってくる。
母親が拒絶している様をみた息子は、投与をやめる決断をしました。
中止するとあと一ヶ月だと、主治医ははっきりと言ってしまいます。


看病に付きっきりになってしまった雅也は、真沙美に別れを切り出しました。
その時は、即答はできませんでした。

その後真沙美は、病室に訪れた際に栄子にから形見の指輪を受け取ることになりました。


姉妹3人で温泉に出かけたが、旅先の旅館で倒れてしまい病室は個室に移されます。
個室に移ってからは、実家や笹塚の借家と同じ賑わいが戻りました。

オトンがやってきて親子3人でいる中、オカンの容体が急変してしまいます。
医師と看護師がやってきましたが、2人で約束した東京タワーに上ることなく息を吹き返すことなく最後を迎えました。




竹中直人が社長役出てますね。
月曜9時からやってる「のだめカンタービレ」の「巨匠」とは全く違って、いつもの感じだ。
というより、延期になったからタイミングが合っただけかもね。

ちなみに、まだ読んだことがありません。
機会があったら、買ってみようかなと思います。


主題歌は、BEGINが歌う東京でした。


昨年行ってきた東京タワー
いつだかわかりますか?
画像


テクノラティのタグ


LiveScreenShot


ドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」 フジテレビ



リリー・フランキー
価格

泣いちゃいました(>_<。)
ボク目線で説明される行ったこともない九州の風景がなんだか自然に浮かびました。おばあちゃんとすごした日々やおばあちゃんの慎ましい生活がなんだか自分の身近なことのように思えてきて(ボクになってしまっていました)読みながらいつのまにか涙していました。ちょっとノスタルジックな気分になれ、今ある自分の環境に感謝しなくちゃ!というキモチにさせてくれました(v_v)ドラマは見ていませんが、このお話しは活字の方がいいのではないかと思います。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成









三線の花
三線の花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(23件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
≪フジテレビ≫ドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」 http://wwwz.fujitv.co.jp/tokyotower/index2.html ストーリー http://wwwz.fujitv.co.jp/tokyotower/fset_story.html キャスト 中川 栄子(オカン)… 田中 裕子 中川 雅也(ボク) … 大泉 洋 成 ...続きを見る
局の独り言。
2006/11/19 00:14
東京タワーオカンとボクと、時々、オトン
これはもう「大人の男」が見たら特に号泣ものなんじゃない?親孝行できなくて後悔している人も、最近大切にしてないなーとうっすら思っている人も。これを機会にまだ親孝行できる環境にある人はしておいた方がいいよね…。 ...続きを見る
LOVELY TELLY*TVな毎日
2006/11/19 22:33
東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜ドラマレビュー
リリー・フランキーの昨年の超ベストセラー「東京タワー〜オカンとボクと 時々オトン〜」が ドラマ化され、まあ出演してた極楽山本の件で放映がのびのびになり、昨日やっと放映があった、ワケですが。 原作がとてもとてもよく、ドラマや映画にしやすい作品(※ただしキャスティングや脚本によって主観の置き方で映像化は秀作となるか駄作となるかがはっきりしやすい作品)だと思ってました。 (まずはこちら→●過去ログ「東京タワー オカンとボクと、時々オトン 」本のレビュー記事へ) ...続きを見る
椿的濃縮タマシイ
2006/11/19 22:34
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
●出演者 中川雅也(ボク)/大泉洋 中川雅也(少年時代)神木隆之介 中川栄子(オカン)/田中裕子 中川弘治(オトン)/蟹江敬三 成田真沙美/広末涼子 藤本法子/大塚寧々 藤本種/加藤治子 前野範人/岡田義徳 杉本春男/塚地武雅 榎本/佐藤隆太 ...続きを見る
ちょっと変な話
2006/11/19 22:35
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
待ちに待ってたドラマ「東京タワー」 まずは無事に放送されて、本当に良かった! 泣けました いいドラマになってたと思います。 本はだいぶ前に読んでいたのですが、その中でも印象に残っていたエピソードが うまくドラマ ...続きを見る
塩ひとつまみ
2006/11/19 23:04
東京タワー、ドラマもよかった
久々によかった。 ...続きを見る
プリンに抹茶と生クリーム
2006/11/20 02:52
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
紆余曲折あったけれど、やっとこさ、こぎつけたオンエア。…とてもヨカッタですね。製作スタッフの、大きな情熱を感じました。 ...続きを見る
のほほん便り
2006/11/20 10:00
東京タワー オカンとボクと,時々,オトン
やっと放送されたリリー・フランキー原作小説のドラマ! ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/11/20 10:54
ぬかづけ、指輪、鼻メガネ。~「東京タワー~オカンと僕と時々オトン~」~
いろいろありまして、延び延びになってた テレビ版の東京タワー。やっと放映。 原作のほうの感想はコチラで。 →「オカンとバンプとちょっとジェネジャン?!」 樹木希林があんな形で出てきて 「ジュリー~」・・・ちゃうやんにはワロタ。 田中裕子さんへのエール? (ダン.. ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2006/11/20 11:33
東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜
皆様、ご覧になりましたでしょうか? いろいろありましたが、大泉洋主演、東京タワーが無事にオンエアされましたね。 ...続きを見る
TV雑記
2006/11/20 12:01
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」見ました。 いろいろあった曰く付きのドラマですが、ようやく日の目を見れましたね~。 前知識もないし、原作も読んでないのですんなり見ることができました♪ 大泉洋の子ども時代が神木隆之介君というのにはびっくりしまし.. ...続きを見る
テレビっ子の毎日
2006/11/21 07:47
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
筑豊出身の中川栄子(田中裕子)と雅也(大泉洋)は、 強い絆で結ばれた母子だった。 東京で一緒に暮らし始めたふたりは、いつの日か一緒に 東京タワーに上ろう、と約束していた。 しかしその約束は、ついに果たされることはなかった――。 栄子は若いころ、炭鉱の閉鎖です.. ...続きを見る
どらま・のーと
2006/11/21 09:19
ドラマ【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
「放送まで、あと3日」「あと2日」「あと1日」「ついに放送」…… ...続きを見る
ぱんどら日記
2006/11/22 11:12
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン〔リリー・フランキー〕
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ ...続きを見る
まったり読書日記
2006/11/22 23:59
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(ドラマ)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]       2006/11/18放送(CX)  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2006/11/24 15:49
ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」見ました
ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」を見ました。 原作があるものはそれをドラマ化したり映画化するのはとても難しいのでしょうね。 賛否両論あるようですが私は原作がスッポリ抜けてしまうところがあるので全然OKでした。 ただ私は今回原作よりも映画版の.... ...続きを見る
OdagiReason
2006/11/24 21:25
ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」見ました
ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」を見ました。 原作があるものはそれをドラマ化したり映画化するのはとても難しいのでしょうね。 賛否両論あるようですが私は原作がスッポリ抜けてしまうところがあるので全然OKでした。 ただ私は今回原作よりも映画版の.... ...続きを見る
OdagiReason
2006/11/24 21:26
ドラマ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』&エキストラw
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』東京タワーって昇った事ない。近くにあるからか?(爆)演出を手掛けるはずだった久世光彦さんの急逝や吉本の某芸人の不祥事による大人の事情でお蔵入りも心配されたが、ようやく放送された。神木隆之介くん、順調に成長中。OD... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2006/11/24 22:40
ドラマ「東京タワー」
この物語は、母と息子の濃い結びつきが肝なのだ。このふたりの関係を、“マザコン”と呼ぶ人もいるかも知れない。しかし、マザコンという言葉は違う。マザコンという言葉は「相互依存」の関係を示す。しかし、ボクとオカンは100%「無償の愛」のもとに存在している。それこそが、この物語が多くの支持を受けた圧倒的な理由だろうと思う。 ...続きを見る
シネ・ガラリーナ
2006/11/26 12:01
映画『犬神家の一族』試写とドラマ『東京タワー』感想
『犬神家の一族』映画試写会見に行ってきました。あと,…もしかして,あの盗作ブログ騒ぎでずっと棚上げ状態?ドラマ『東京タワー オカンと僕とときどきオトン』の感想もちょろっと。 ...続きを見る
D.D.のたわごと
2006/12/02 08:42
東京タワー(月9ドラマ)がはじまるよ!
「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」月9で放送 ...続きを見る
もてる方法
2007/01/08 16:13
東京タワーを見た感想
東京タワーを見た感想 ...続きを見る
リアルな生活
2007/01/23 07:14
【月9】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
&【基本情報】公式ページより タイトル 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 製作著作 フジテレビ 原作 リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 出演者 速水もこみち 香椎由宇 倍賞美津子 泉谷しげる 他 主題歌 コブクロ「蕾」(つぼみ) .. ...続きを見る
ドラマ・サムネイル
2007/01/28 15:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
録画しなかったので 内容が良くわかりました
ありがとうございます。
このみ
2006/11/18 23:39
このみさん、ありがとうございました。

自分も録画しなかったから、再度見直すことは難しいですけれども・・・。
観たまんまを書いたので、ちょっと意味が通らないところもあったかと思います。

当記事よりも詳細なことを書かれているブログがいくつがあると思いますので、ドラマ関係のリンクを参照してもらえればありがたいです。
多数
2006/11/18 23:53
昨日ビデオしたの見ましたが笑い所あり泣く所ありで
良いドラマでしたね。
スポーツ瓦版
2006/11/19 15:07
自分も良いドラマだと思いました。

原作のままドラマ化されたのでしょうね。
多数
2006/11/19 19:27
初めまして、TBありがとうございました。
最初、原作を読んだ時その情景が浮かんできて何故か懐かしい気持ちになりました。
泣けてきたり笑ったりとドラマの方もとても素敵なドラマだったと思います。
sora
URL
2006/11/24 21:33
soraさん、こちらこそ初めまして。

原作を読んでいないのですが、原作そのままのイメージがそのまま浮かんだのですね。

ますます読んでみたくなってきました。
制作人
2006/11/24 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラマ「東京タワー」 多数に埋もれる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる