今年も奥只見へ・・・

昨年と同様、奥只見ダムへやってきました。

まだ色づくのは早かったですね。
過去の記事を読んで、そう思ってしまいました。
しかし、新潟ウィーク!10.6号を読んでみて行きたくなってしまいました。
あの写真の通りのイメージと思いつつ・・・。

"秘境奥只見"
画像



駐車場からダムを往復するモノレール。
大人100円、小人50円。
画像



途中までいける通路。
画像



下を撮影。
何回眺めても、足がすくみますね。
画像



多分初めての遊覧船乗船。
やっぱり、色があまりついてない。
画像


画像


ファンタジア号。
乗ってみたい・・・。
画像



電源開発の奥只見電力館。
去年行った時はやっていなかったので、初めての入館ですね。
画像


下図を見てもらえればわかるのですが、只見川を境に新潟県と福島県(南会津郡桧枝岐村
)と分かれているんですね。
全く知りませんでした。
遊覧船に乗ったときにそんな案内が流れていたので・・・。

ちなみに、電力館は新潟県側にあります。
画像



上から駐車場を撮影。
奥只見ターミナルのけんちん汁は、いつ見ても目立つなあ。
画像



今年も岩魚(いわな・イワナ)を撮ってみた。
しかし、炭火焼きではなく団子を買いました。
画像


奥只見ダム


-枝折峠-

「しおりとうげ」と読みます。


大湯温泉から13km、銀山平から7kmの位置にあります。
ウィキペディアで調べたら、標高は1065mなのだそうです。
どおりで寒いと感じました。

画像



画像


枝折峠




奥只見観光







うるおいの新潟 観光ガイド






奥只見ダム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%8F%AA%E8%A6%8B%E3%83%80%E3%83%A0#.E5.A5.A5.E5.8F.AA.E8.A6.8B.E7.99.BA.E9.9B.BB.E6.89.80


【右脳左脳占い】の診断によると、自分は『さう男』でした。
以上です。


過去記事を参照
奥只見ダム


「あの写真のイメージ」とは、下図のことです。
Week!の特集ページをスキャンしました。
一位は弥彦公園、2位が奥只見湖で、3位が秋山郷です。
画像


るるぶ新潟佐渡 (’07)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月15日 23:21
こんばんは 多数さん
奥只見ダムや枝折峠の写真を色々と見せて頂きました。
前にも書いたかもしれませんが東北地方は行った事がありません。
早く寒くなるので秋は短いのでしょうか?
っでも、寒い所の方が紅葉が綺麗でしょうね☆

新しい車が来たら、私も神戸と京都の紅葉を見に行きたいです。

先ほど、ブログを見ていると2度もエラーになってしまいました。
何故でしょう?です(笑)
2006年10月16日 06:51
mikiさん、ありがとうございます。

秋は2回しか行ったことがないのですが、東北地方では短いと思われます。
青森に行ったときは、朝はとても寒かったことを記憶しています。

閲覧していて2度もエラーになったのですか。
ちょっとわからないのですけれども、トラックバックスパムが沢山送信されているのかもしれません。
それか、いろいろと貼り付けているせいかも・・・。

この記事へのトラックバック

  • ふるさとを走る列車3

    Excerpt: 朝の5時半に小出駅を出発した只見線は 8時5分に会津川口駅に到着します。 早朝の田子倉湖を通過するとき そして只見川の鉄橋を渡るときに窓から眺めると 霧が水面を覆っているのが見えます。 .. Weblog: 大川泰樹 Yasuki Okawa プロフィル racked: 2007-08-19 21:06