多数に埋もれる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スペシャルドラマ 坂の上の雲 第10回 「旅順総攻撃」

<<   作成日時 : 2011/12/05 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第三部が始まりました。


第二部は日露戦争開戦まで描かれました。
日本海軍の旅順艦隊への先制攻撃により、ロシアもこれに応じて宣戦布告。

要塞を築いている旅順港への2度にわたる閉塞作戦は失敗に終わり、連合艦隊は湾口へ留まることに。
海軍は陸軍に対して旅順攻略を要請します。





イギリスのロンドンでは、日本銀行副総裁をつとめる高橋是清(西田敏行)は現地の金融機関や資産家などに対して資金提供を要請し続けた。
日本銀行が持つ資金は余裕がなく、日露戦争を続けることは不可能に近い状態になりつつあった。
そこで公債を売る活動していたのである。

陸軍は主に満州に展開し、ロシアと戦っていた。
ロシア陸軍の砲火力は日本とは比べ物にならないほど強力で、機関銃の掃射を浴びて負傷者を出していた。
外国の従軍記者の話を盗み聞きしていたのは、伊地知(村田雄浩)らであった。
彼らは日清戦争で使用した銃弾をすでに超えていても、対抗できないと言っていた。
機関銃の話をしていると、旅順攻略にあたる第三軍司令官の乃木希典(柄本明)が起き上がった。
乃木は南山のロシア軍陣地跡を見に行った。
従軍していた息子が機関銃の弾を受けて戦死したのだという。



陸軍と海軍は旅順攻撃について話し合うべく、連合艦隊の旗艦三笠で打ち合わせを行う。
陸軍からの満州軍総司令官大山巌(米倉斉加年)と参謀総長児玉源太郎(高橋ひとみ)を、東郷平八郎(渡哲也)が出迎えた。

連合艦隊参謀長の島村(舘ひろし)は、旅順港から艦隊を追いだしてもらいたいと要請する。
陸軍側はこれを受け入れるが、あくまで北東に進軍することが目的で、旅順攻略は作戦にもなかったという。
時間は掛からずとも攻略できると考えていたようで、参謀の秋山真之(本木雅弘)が否定的な意見を述べた。
さらに、二〇三高地を攻め入れば2階から岩を落とすような要領で敵方艦隊を撃ち落とせるとも言い続けた。
話を聞いて児玉は、真之が秋山好古(阿部寛)の弟であり、海軍一の参謀であると感じたようだ。




スペシャルドラマ「坂の上の雲」

NHK 松山放送局|スペシャルドラマ 坂の上の雲

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

司馬 遼太郎 文藝春秋 1999-01
売り上げランキング : 410
by ヨメレバ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スペシャルドラマ 坂の上の雲 第10回 「旅順総攻撃」 多数に埋もれる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる