多数に埋もれる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スペシャルドラマ「坂の上の雲」 第6回

<<   作成日時 : 2010/12/05 22:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

第2部がスタート。

第6回 「日英同盟」

BSハイビジョンではすでに放送されていますが、地上波の総合テレビでは今日からです。

日清戦争が終結し、三国干渉によって日本が得た土地を清国に返却させられますね。
その満州をロシアが狙い、海軍基地を造ることで永遠に自分たちのものにしようと企む。

ロシアのペテルブルクに駐在武官として滞在したのが、広瀬(藤本隆宏)。
アリアズナに恋をしますが、ロシアの武官であるボリスはそんな広瀬を快く思ってませんでした。


アメリカで米西戦争の観戦武官として戦場に赴いた秋山真之(本木雅弘)は、新たにイギリスへ赴任。
日本はイギリスから大量の戦艦を発注していた(三笠や磐手など)。
秋山を休暇中だった広瀬が訪ねてきた。

イギリス海軍に招かれた二人。
かなり手荒な歓迎を受けたが(生糸を売ってその金で戦艦を買ってくれればよいなど)、二人は日本人は倹約して何とか戦艦を購入してきているのだと力説していました。
その後、真之と広瀬はヨーロッパを旅行しています。

一方の清国では所謂義和団の乱が発生し、拳匪を制圧するために連合国と清国が戦う形となった。
ロシアと日本が中心となった連合国側が制した形に終わった。
ロシアは清国内において、拳匪制圧と称し関係のない人まで処分する光景を、進駐していた秋山好古(阿部寛)らの部隊が見ていた。


真之が帰国し、正岡子規(香川照之)と律(菅野美穂)が住む根岸の家に向かった。
すると、高浜虚子(森脇史登)と河東碧梧桐(大藏教義)に会う。
子規の家で、皆がこれからの日本について語り合う。

子規は清からの帰国以来結核を患い、床に伏せながら新聞日本に俳句などを寄稿していた。
ますます病状が悪化しており、律の介抱がなければ生きてゆけない様子だった。





ロシアと日本は戦争を回避することは不可能でした。
総理大臣だった伊藤博文(加藤剛)は一人で交渉を行いますが、大臣のウィッテルにはその力はなく強硬派の工作により無駄に終わってしまいます。
ニコライ2世は京都滞在時に顔を切りつけられた事を覚えていて、そのことがとても憎らしい思い出だったのでしょうか。

桂内閣は日英同盟を締結したことにより、日本はロシアとの戦争を行う機運が高まってきました。


広瀬は軍からの命令により、駐在の任を解かれロシアから帰国の途へつく。
愛していたアリアズナとの別れは辛かったが、戦うかもしれない国の女性でもあるので一緒について行くこともできなかった。
恋敵でもあったボリスも、送迎の宴では感謝の言葉をかける。

鉄道でシベリアを経由し、満州へ向かう道筋。
イルクーツクでは噂話を聞き、戦争が起きるのではと広瀬は感じる。




次回は子規が死を迎えます。
すでにBSハイビジョンでは放送済みです。

やっぱり、大河ドラマよりも内容が濃ゆいですな。



スペシャルドラマ「坂の上の雲」

NHK 松山放送局|スペシャルドラマ 坂の上の雲


坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
司馬 遼太郎

ユーザレビュー:
膨大な資料をもって、 ...
温故知新戦争を美化し ...
司馬作品は読みやすい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ










坂の上の雲(2)新装版
楽天ブックス
文春文庫 著者:司馬遼太郎出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:413p発行年月:1999年01月こ

楽天市場 by ウェブリブログ




『坂の上の雲』の秋山好古・真之とその時代
楽天ブックス
なぜ、この兄弟の生き方が、日本人の心をとらえるのか 著者:池田清出版社:ごま書房新社サイズ:単行本ペ

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坂の上の雲 第6回「日英同盟」
約1年ぶりの再開となりました坂の上の雲で、時間が空いてしまったことのフォローとしてNHKもゴールデンタイムを使って昨年の再放送を繰り返していました。自分もすべてを見ることができませんでしたが。頭を龍馬伝から少しずつ変えることができ第2部の初回を迎えます。 第1部で秋山好古、真之、正岡子規の3人の松山からの生い立ちとそれぞれの進む道について語りましたが、第2部ではすでに3人の道は全然違ったものとなっているためお互いの絡みはほとんどありません。なので、第2部からの見方としては3人のつながりというより... ...続きを見る
あしたまにあーな
2010/12/05 23:40
坂の上の雲 第6回 日英同盟
日清戦争に勝利した日本は、再び国造りに邁進。 ある者は、他国で兵学を極めんとし。 ある者は、将来の敵の研究を。 その日本に立ちはだかる、強敵。 ...続きを見る
cogito,ergo sum
2010/12/10 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スペシャルドラマ「坂の上の雲」 第6回 多数に埋もれる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる