多数に埋もれる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 「篤姫」 第4回

<<   作成日時 : 2008/01/27 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

新たな藩主がお国入れして。

第4回 「名君怒る」

島津斉彬(高橋英樹)が、薩摩藩の鶴松城へ入った。
先代藩主だった斉興に関わっていた家臣らは処分されるのかと思いきや、そのような話しは触れられませんでした。
斉彬がまず行ったのは、倉庫にあった米を町に流して価格を下げること。
見事にうまくいき、庶民の生活が改善されていきます。

西郷吉之助(小澤征悦)らは、大久保正助(原田泰造)とその父の処分が放免されるのではないかと期待していました。
同席していた肝付尚五郎(瑛太)も彼らが建白書を書くことを聞いていました。

斉彬は下級武士らの予想を覆し、斉興に使えていた家臣に処分は与えませんでした。
今和泉の島津忠剛(長塚京三)はこれに立腹します。
この話を聞いた於一(宮崎あおい)が話そうとすると、「女子は政に口を挟むのではない」と一喝して追い出します。

於一は肝付に御赦免の件について聞いてみる。
すると、肝付も若い藩士から納得がいかないことを夜に聞かされていました。
どういう経緯でああなったのかを調べてほしいと頼まれました。

二人は、重臣で側近を務める小松清猷(沢村一樹)に会います。
妹のお近(ともさかりえ)お香の席で、肝付は御赦免の件を切り出します。
しかし、藩主の斉彬を信じることが忠義だとしてはっきりとした答はしませんでした。

島津家一門の四家が、斉彬に拝謁することになりました。
於一も謁見できるとの話も忠剛から聞かされます。
菊本(佐々木すみ江)は於一に、城へ上がるときに着る着物を選びます。
忠教(山口祐一郎)の娘の御哲(吉高由里子)には負けられないという話をするなか、於一は父に呼ばれます。
すると、粗相のないよう挨拶の仕方を仕付けられることに。


城へ上がる日。
四家筆頭の忠教から順番にお祝いの挨拶をします。

於一の番が来て、遂に斉彬との謁見に望みます。
挨拶が一通り終わり斉彬が立つと、於一は思わずほっとした表情を見せてしまいました。
「はあ。」というため息が出て、斉彬が振り向きます。

於一は生まれる前に頂戴したお守りを大事にしていることを話します。
さらに、口に出せない事を聞いてしまいます。
先代に使えていた家臣たちは処分が下されずに、お由良騒動で処分が下されたままの武士たちは何故放免されないのかということを。
側近の小松は制止させるが、話を聞く斉彬。
くだらぬ諍いをしないで今は薩摩をまとめる事が肝要であり、自分が信じられないのならここから出ていくべきだと告げて去りました。


今和泉島津家の屋敷へ戻った於一は、兄の島津忠敬(岡田義徳)と城に行ったときの事を話しに来ていた肝付を呼びます。
処分は御赦免になるということを報告しますが、言い過ぎて全てが台無しになってしまうのかと心配になっていた。
それでも、肝付は勇気を出して聞いたのだからすごいことだと称えます。

後日、於一の父からあの一件について叱ります。
御主君に物を問うなど不埒極まりないことだと。
於一に何を言っていたのかを知りたかったが、夕食は何か聞いてくると言い残してその場から逃げてしまいます。




次週は、「日本一の男」ですね。
で、誰が「日本一」なのかが気になります。

あと、於一と忠剛にしつけられるシーンが面白かったです。



Powerd By WebToJpeg







テクノラティのタグ








「篤姫」オリジナルサウンドトラック
「篤姫」オリジナルサウンドトラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
篤姫 第4回「名君怒る」
斉彬が薩摩藩藩主となって、お国入りしても一向に動きがないことに対して、だんだん藩士たちの不満が高まっていきます。 ...続きを見る
あしたまにあ〜な
2008/01/27 21:57
篤姫 第4回「名君怒る」
斉彬が薩摩藩藩主となって、お国入りしても一向に動きがないことに対して、だんだん藩士たちの不満が高まっていきます。 ...続きを見る
あしたまにあ〜な
2008/01/27 22:08
篤姫#4
今回の物語は、藩主となった斉彬がお国入りするところから始まる。そして於一が斉彬と対面するということで、これまでのホームドラマが大きく動くことになる物語であったはず。が、1年という長尺のドラマということもあるのか、その大きな動きの前半という感じの物語でしたね.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/01/27 22:37
篤姫〜第4話・争いが争いを生む!
篤姫ですが、島津斉彬(高橋英樹)が薩摩藩の藩主に就任し、斉彬派の人々はおおいに期待します。逆に斉興派の人は報復人事に戦々恐々ですが、斉彬の所信表明演説は「民の生活を第一に考える」ということです。斉彬は具体的に米倉を解放して米価を下げるなどの政策も行い効果も得ます。しかし、罰を受けている斉彬派は許させることもなく、斉興派もそのまま残留とあっては島津忠剛(長塚京三)の不満も募ります。(篤姫、第4話・名君怒るの感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/01/27 22:41
大河ドラマ「篤姫」第4話「名君怒る」
今回は斉彬と於一の出会いの回。内容としてはこれがメインだったので感想もなんか簡潔になっちゃった(あはは)斉彬さまと会うために。行儀作法の稽古をつける父と娘の姿が面白かった♪前半はちょ〜〜っと説明ちっくな感じだったので、正直眠ったけど、斉彬さまと出会って... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/01/27 22:41
篤姫 04「名君怒る」
今回はお国入りした斉彬(高橋英樹)に於一(宮崎あおい)が初のご対面! でした。 あれほど粗相のないよう父上から挨拶をレクチャーされたというのにー! ホントにまぁ、すごか姫です。ちょっとだけ菊本の気持ちがわったかも(笑)。 桃太郎侍はさすがのお殿様ぶり。あれや... ...続きを見る
はざまの欠片
2008/01/27 22:52
「篤姫」第4回
第四回「名君怒る」お家騒動の末にようやく藩主となった斉彬が薩摩に入り、米価の改革などに積極的に取り組み始めた。忠教の藩主就任を画策した一派は、どのような処罰が下るかとおびえるが、何の処分もないままに日が過ぎる。一方、西郷ら若い藩士は大久保が赦免されない... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/01/28 06:39
篤姫(1月27日放送)
第4回/名君怒る お家騒動の末、ようやく藩主となった斉彬(高橋英樹)が薩摩にお国入りし、米価の改革などに積極的に取り組む。忠教(山口祐一郎)の藩主就任を画策した一派は、斉彬からどのような処罰が下るかと怯えるが、結局何のお咎めもないままに日が経つ。 そして、すぐにも赦しがあると思われていた大久保(原田泰造)らに何の沙汰もないことに、西郷(小澤征悦)ら若い藩士たちは苛立つ。 於一(宮崎あおい)や尚五郎(瑛太)は、斉彬の側近を務める小松清猷(沢村一樹)とその妹のお近(ともさかりえ)を訪ね、斉彬の真意を... ...続きを見る
のたまふ
2008/01/28 06:46
篤姫第4回「名君怒る」
「篤姫」早くも4回目となりました。今回のメインイベントは斉彬家のパーティ(?)に招待されたこと。お転婆娘ゆえに父上から当日の特訓を受けますが、結局練習どおりにはせず、色々正直に答えてしまった上に政治のことを色々質問攻めしてしまうのでした。。。しかし、こ... ...続きを見る
さくら色通信
2008/01/28 20:30
篤姫「名君怒る」
篤姫「名君怒る」 今年の大河はやはり「朝ドラ」モードですな。 「怒る」があの程度ですか・・・・。 あ、そうそう、大阪府民って・・・・・・?? いまの大阪に必要なのは調所広郷では?? あ、嘘です。冗談です。借金を踏み倒されては困ります。 老中・阿部と組んで.. ...続きを見る
『ならうよりなれろ!!』
2008/01/28 20:59
篤姫 第4回「名君怒る」
前回で お家騒動が終結し(いともあっさりと・・・)藩主となった斉彬(高橋英樹)が 薩摩にお国入りし、米価の改革などに積極的に取り組む。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2008/01/28 21:05
大河ドラマ 「篤姫」 名君怒る
篤姫が江戸に行くきっかけになる斉彬との対面です。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2008/01/28 21:47
篤姫(1月27日)
名君・斉彬のこころが読めない薩摩家中。 ...続きを見る
今日感
2008/01/28 22:29
★於一は人気者♪・・「篤姫4」
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみます〜大河ドラマ「篤姫」斉彬さま。。かなりの大物らしい。。でも。。処分されるべき人たちに何の処分もない・・さらに大久保たち放免されるべきものたちになんのご沙汰もないことで回りがいらだっていくぷぷぷ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2008/01/28 22:50
篤姫 第4回「名君怒る」
「君臣力を合わせれば、乗り越えられぬ事はない」斉彬の本心と言うよりは、君主らしいお言葉です。本当に君臣が力を合わせられたならば、それは凄い力ですね!「そなたのもちろんは恐ろしいのじゃ」本番前の緊張感、於一も同じ、斉彬の迫力理論だった説明に於一もたじたじ... ...続きを見る
バレルオーク
2008/01/28 23:42
篤姫 第4回「名君怒る」
「君臣力を合わせれば、乗り越えられぬ事はない」斉彬の本心と言うよりは、君主らしいお言葉です。本当に君臣が力を合わせられたならば、それは凄い力ですね!「そなたのもちろんは恐ろしいのじゃ」本番前の緊張感、於一も同じ、斉彬の迫力理論だった説明に於一もたじたじ... ...続きを見る
バレルオーク
2008/01/28 23:45
篤姫第4話(1.27)
於一@宮崎あおい、第二の父親島津斉彬@高橋英樹と対面するの巻。 それにしても、誰に対しても、言いたいことをずけずけ言う娘です 今回は、斉彬に叱責され、珍しくへこんでましたが。 斉彬が人格者でラッキーだったよ 短気なお殿様だったら、実家にまで被害を蒙った... ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2008/01/29 01:46
篤姫 第4話
お家騒動の末、藩主となった斉彬が薩摩にやってきましたね。 ...続きを見る
一期一会の彩りを求めて・・・
2008/01/29 17:45
『篤姫』第4回
〜名君怒る〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/01/30 01:00
『篤姫』第4回
〜名君怒る〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/01/30 01:01
なぜ?の嵐(篤姫・4話)
今年の大河はホームドラマ路線、だそうで、篤姫と父のやり取り(斉彬との面接の際の、練習)は、口調はともかく、現代劇っぽい雰囲気でした。 ...続きを見る
朝凪、夕凪
2008/01/31 01:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ 「篤姫」 第4回 多数に埋もれる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる